Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

先発初勝利を挙げたカープ遠藤淳志 同期と語らう自身の将来像「考える力をつけて二桁勝利を目指す」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 7月13日の中日戦で6回を1失点に抑える好投を見せ、先発としてプロ初勝利を挙げた遠藤淳志。中継ぎとしてブレイクを果たした昨季から一転今季は先発に挑戦し、ようやく待望の白星をつかみとった。ここでは同じく令和のエース候補として大きな期待がかかる山口翔と遠藤淳志がシーズン開幕前に行った特別対談を公開。2020年を戦う若鯉の意気込みに迫った。 (『広島アスリートマガジン』2020年1月号掲載) 【写真】大野豊×達川光男 カープレジェンドバッテリーが語る佐々岡真司監督 ◆お互いが意識しまくり!? 同期投手の気になる関係 ─ 2019年はお二人とも一軍初登板を経験するなど、飛躍のきっかけとなる年でした。お二人の印象としては2019年はいかがでしたか? 遠藤 とても充実していたと思います。振り返るとあっという間で、1年が早かったです。シーズン途中から一軍に帯同させてもらいましたが、いろんなことを経験させてもらいましたし、良いことも悪いことも両方経験させてもらったので内容が濃い1年でした。 山口 自分も良い経験と悪い経験があったんですけど、どちらかというと悪い経験の方が多くて正直悔しさの方が大きいですね。振り返ってみても思い出すのは失敗したことばかりですから。 ─ お互いの初登板の日の投球はご覧になりましたか? 遠藤 もちろん見ましたよ。僕は録画しました! 山口 僕はベンチにいたんですよ。だからハイタッチで迎えることもできたんです。確か一番最初にハイタッチしたと思います(笑)。 遠藤 満面の笑みで迎えてくれたので、こっちが照れましたよね(笑)。でも素直にうれしかったです。逆に(山口)翔の初登板をテレビで見たときは単純にすごいと思いました。イメージトレーニングではないですけど、いざとなったら自分も、こんな感じで投げたいなと思っていました。

─ 初登板のマウンドを先に越されてしまったことについて、何か思う部分はありましたか? 遠藤 正直、初登板も初勝利も先にやられてしまったので、その悔しさはありました。でも、そうやって同期が頑張ってくれたからこそ良い刺激になったと思いますし、当然うれしい気持ちは当然ありました。 ─ 山口投手も遠藤投手の投球に刺激を受ける部分はありますか? 山口 やっぱりむちゃくちゃ意識しちゃいますよ。他の人よりも、すぐに目がいっちゃいますね。(遠藤)淳志よりも先に登板はしましたけど、後半戦の投球を見ていたら『結局越されちゃったな』と思いました。ホールドもセーブも自分が達成していない記録を達成していたので。僕が二軍にいる時期に一軍で活躍してくれるので、自分も早く追いつこうと思って頑張っていました。 ─ シーズン中、連絡は取り合っていましたか? 遠藤 ずっと連絡を取っていましたし、翔が一軍にいて自分が二軍にいたときも2回くらい会ってご飯に行きました。立場が逆のときも、たしか買い物とか行った気がするんですよ。 ─ そのときはどんなお話をするのでしょうか? 遠藤 野球の話は当然しますね。「この間の登板はこうだったね」とか、お互いの投球の印象について話したりしますよ。でも軽くふれるぐらいですかね。プライベートのときは、ほとんどたわいもない話をしています。翔は毎日笑顔にさせてくれます。本当にアホなことしかしてないんですよ(笑)。 山口 いやいや、そっち(遠藤)もそうでしょ(笑)。

【関連記事】