Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タワマンは伝染病に弱かった…「ナイチンゲールの警告」とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

本記事は鈴木雄二氏の著作『なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか』(幻冬舎MC)より一部を抜粋、再編集したものです。

明治初期まで「東京の冬」は「乾燥していなかった」!?

2012年2月3日付の朝日新聞の記事にこのような内容の記事がありました。気象庁が持っている最も古いデータ、1876年1月の東京都心の平均湿度は78%。1950年代でも50%台後半から70%代が大半をしめるというのです。 この記事によると、乾燥してきた背景には都市化による「保水力」の低下があるとしています。緑地が減ったことで雨が降った後に水分をとどめられる土地が少なくなり、土や植物から空気中へ出て行く水分も減ってしまったのです。 また新聞では地球温暖化やヒートアイランド現象によって、都市部の気温が当時よりも上がったことも乾燥してきた背景だとしています。現在の東京都心の冬場といえば乾燥が特徴です。2011年12月から2012年1月に、歴代3位の記録となる35日間連続の乾燥注意報が出るとともに、過去最低となる平均湿度36%を記録しています。 つまり、明治初期まで東京都心の冬といえども湿度は今よりもずっと高く、「乾燥注意報」が出されるような気候ではなかったのです。私たちの会社で東京全体の湿度を上げることはできませんし、いまさら都市化が進んだ社会をリセットすることは不可能でしょう。

ウィルスは湿度が低いほど生存率が高くなる?

乾燥しすぎた住環境は、体感温度が下がり、インフルエンザ等の病気にもかかりやすくなります。 こうした住まいと健康の関係について、2013年6月、『健康に暮らすための住まいと住まい方エビデンス集』(健康維持増進住宅研究委員会/健康維持増進住宅研究コンソーシアム編著、技報堂出版発行)という書籍が発売になりました。 この本は国土交通省の主導で進められた健康維持増進住宅研究委員会等の研究成果をもとにして企画・編集されたものです。 「序文」の一部を抜粋します。 「日本人は一日のうち約6割の時間を住宅内で過ごすといわれている。その室内では建築内装仕上げや家具などから化学物質が放散され、また生活に伴って水蒸気が発生するため、気密性の高い住宅で適切に換気されていない場合には室内空気が汚染され、結露が発生してカビやダニ等の微生物の繁殖を許すことになる。 (中略)どのような室内環境の要因が健康を阻害する可能性があり、どの程度の環境レベルを維持すべきか、ということを、科学的知見に基づいたエビデンス(証拠、根拠:住まい手にとって、少しでも健康を阻害しない環境を実現するための情報)として示すことは、健康で快適に暮らす上で、また適切な住宅を実現するために重要である」 この本の中には、私たちの考え方を裏づける「エビデンス」がいくつもあります。そのいくつかを紹介しましょう。 同書によると、湿度の上限は「温熱快適性」、「カビの生育」、「ダニの生育」から、下限は「人の生理反応」、「インフルエンザウィルス生存率」から導き出すとしています。 「温熱快適性」 人は低温時の湿度の変化はほとんど気にしません。しかし、高温時は発汗の妨げになり多湿を不快に感じます。その上限は70%前後です。 「カビの生育」 カビ成長速度は、湿度が100%のときを基準とすると、75 %だと半分程度になり、55%以下だとほとんど成長しなくなります。 「ダニの生育」 ダニは湿度が70%以上になると増え始め、50%以下になると半減します。 「人の生理反応」 人の口の中が乾燥を起こさない湿度の下限は、気温が20℃だと50%、25℃だと40%です。また、眼球は湿度が30%以下になると乾燥し始めるとしています。 「インフルエンザウィルス生存率」 インフルエンザウィルスは、湿度が50%以上になると急激に生存率が低下し、35%以下になると23時間後の生存率は14%から22%と高くなります。つまりウィルスは、湿度が低いほど生存率が高くなります。

【関連記事】