Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルトメウ政権下のバルセロナが獲得→放出した選手たち

配信

SOCCER KING

 バルセロナがブラジル代表MFアルトゥールをユヴェントスに売却したことは、大きな物議をかもした。実質的にはボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードだが、2018年の加入からわずか2年、クラブOBのシャビにも例えられた逸材の放出に大半のファンは首を傾げているようだ。地元スポーツ紙『スポルト』が公式HP上で行ったアンケートでも、回答者の8割近くがアルトゥールの売却に「No」を突き付けている。  今回のオペレーションは、コロナ禍の影響を受けて財政難に苦しむクラブにとってはやむを得ないものだったという意見もある。だが一部のファンは批判の矛先をジョゼップ・マリア・バルトメウ会長に向け、SNS上では「#BartomeuOut」というハッシュタグが登場。クラブ運営に対する不満はくすぶったままだ。  そこで今回は、2014年1月にバルトメウ会長が就任して以降、バルセロナが一度は獲得しながら、放出した選手たちをピックアップ。取引額の大きかった選手を中心にベストイレブン形式でまとてみた。 ※情報はすべて『transfremarkt』を参照

GKヤスパー・シレッセン(オランダ)

獲得:アヤックス→バルセロナ(2016年夏/1300万ユーロ=約15億円) 放出:バルセロナ→バレンシア(2019年夏/3500万ユーロ=約42億円) 移籍金収支:+2200万ユーロ=約27億円 アルトゥールと同じく、トレード移籍によって退団が決まったのがシレッセンだ。バルセロナは2600万ユーロ(約32億円)を支払ってバレンシアからブラジル代表GKネトを獲得する代わりに、オランダ代表GKをバレンシアに売却。手に入れた移籍金は獲得時のコストを大きく上回る3500万ユーロ(約42億円)だった。

DFアレイクス・ビダル(スペイン)

獲得:セビージャ→バルセロナ(2015年夏/1700万ユーロ=約21億円) 放出:バルセロナ→セビージャ(2018年夏/930万ユーロ=約11億円) 移籍金収支:-770万ユーロ=約9000万円 2015年夏にバルセロナに加入するも、当時は補強禁止処分を受けていたため選手登録が叶わず、翌年1月まで試合に出られなかった。その後もケガで長期離脱を強いられ、本来のパフォーマンスは発揮できず。在籍3シーズンで公式戦51試合出場4ゴールの記録を残し、セビージャに復帰した。

【関連記事】