Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ディズニー映画『アルテミスと妖精の身代金』8・14配信で公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 世界的ベストセラー小説を映画化したディズニー映画最新作『アルテミスと妖精の身代金』が、8月14日よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で独占公開される。 【画像】配役がわかるてキャラクター画像(6点)  同映画は、オーエン・コルファーの小説「アルテミス・ファウル」シリーズを基に、伝説的な犯罪一家の血統の12歳の天才少年アルテミスが、父親の誘拐をきっかけに、人間の世界から隠れて地下世界で暮らす妖精たちを相手に、知恵を駆使した戦いを挑むファンタジーアドベンチャー。実写版『シンデレラ』、『マイティ・ソー』のケネス・ブラナーが監督を務める。  主人公アルテミス役は、オーディションで1200人の中から選ばれた新星フェルディア・ショウが務め、ジョシュ・ギャッド(『アナと雪の女王』オラフの声、『美女と野獣』)やノンソー・アノジー(『シンデレラ』)、コリン・ファレル(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ダンボ』)、ジュディ・デンチ(「007」シリーズの3代目「M」、『恋におちたシェイクスピア』)といった、ハリウッドの実力派俳優が共演する。  監督のケネス・ブラナー は製作も兼ね、 製作総指揮にアンガス・モア・ゴードン(『イントゥ・ザ・ウッズ』『メリー・ポピンズ リターンズ』)とマシュー・ジェンキンス(『ナショナル・トレジャー』)、脚本はコナー・マクファーソンとハーミッシュ・マッコール (『マレフィセント2』)が名を連ねる。  ケネス・ブラナー監督は本作について次のようにコメントを寄せている。  「『アルテミスと妖精の身代金』は壮大なファンタジーアドベンチャーで、まばゆいばかりの美しい風景と目を見張るような視覚効果が皆さんを今まで見たことのない魔法の世界にお連れします。私たちは、困難に立ち向かう12歳の天才少年と驚きの旅に出るのです。知性にあふれ、面白みもあり、しかも非常にクールな主人公と忘れられないようなキャラクターたちと出会い、魔法に満ちた新しい世界を訪れるのです。アルテミスにとって(本人は認めないでしょうけど)家族が何よりも大切と思っています。ですので、今回、世界中の家族も彼とともに、彼のとてつもない最初の冒険をディズニープラスで楽し んでいただけることを、私と同様に誇りに思っていることでしょう」

【関連記事】