Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

知事がノリノリ♪ アニメ&ゲームの聖地化で一世風靡するんじゃ~い!~ふるさとWish佐賀県~ 

配信

九州朝日放送

今週のKBC「ふるさとWish」は佐賀県を大特集! 1週間をかけて、佐賀の魅力をお伝えします!!

7年間で27本のアニメ・ゲームなどとコラボ

「サワダデース」(7月14日放送)の「S.I.J(すっごくイイ情報)」コーナーでは、佐賀県のアニメ熱に大注目!なんと、この7年間でアニメやゲームなどとコラボした数は27本!! 佐賀県では2013年に、さまざまな企業・ブランドとのコラボレーションによる情報発信プロジェクトが始動。その中でも「アニメ・ゲームにはコアなファンが多く、SNSで拡散されれば、普段届かない人々に佐賀の魅力が伝わるのでは」と、サブカル分野とのコラボを積極的に行ってきたのです。 例えば、「ストリートファイターⅡ」のキャラ“サガット”を佐賀県の観光大使に任命。「ユーリ!!! on ICE」の主人公の出身地が唐津市をイメージした架空都市だったことから、聖地巡礼のファンが激増。さらに「ヴィンランド・サガ」は、ファンの間で「佐賀県と何かするのでは?!」と盛り上がるまでになり、その声に応える形でコラボ動画を作成。10万回超の再生回数をたたき出したそうです。 コロナ禍でも、佐賀県の勢いは止まりません。おうち時間を過ごす人が増えたことで、携帯ゲーム「制圧いくばい!Romancing(ロマンシング)佐賀県」のダウンロード数が増加。総プレイ回数は1億6500万回に上ったといいます。 そんな、佐賀のアニメ&ゲームの聖地化プロジェクトにノリノリで取り組んでいるのが、山口祥義佐賀県知事!しかも、上からただ「やっとけ」というのではなく、自らイベントに乗り出し、アニメキャラクターのセリフをぶっ放しているのです。 そんなアグレッシブな知事は、アニメキャラのパネルやポスターに囲まれて登場。「佐賀の魅力をどのようにPRしようかと思ったとき、強い想いがある方にうまく訴求できるかが鍵でしたが、本当に多くのコラボが成功しました。これは、コラボ先の企業も『佐賀とだったらやれるかも!』と思ってくださったからかもしれません。ありがたいです」と話します。 ついには、ゲームの制作会社も佐賀県に進出。アニメ「ゾンビランドサガ」の製作チームの一社「Cygames」(サイゲームス)が今年4月、JR佐賀駅前に自社ビルをオープン。100人以上が雇用され、2022年度にはスタッフ数300人を予定しているといいます。

【関連記事】