Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

将棋界初のドラフト会議開催!全12チーム・36棋士が決定 藤井聡太七段は2チーム競合/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

ABEMA TIMES

 プロ将棋界初の団体戦となった「第3回AbemTVトーナメント」のドラフト会議の模様が4月4日に放送され、全12チーム、計36人の顔ぶれが決まった。トップ棋士12人がリーダーとなりドラフト会議では2人を指名し、3人1組のチームが完成。個人戦だった第1回、第2回と連覇していた藤井聡太七段(17)は2チーム競合の末、研究仲間でもある永瀬拓矢二冠(27)のチームに決まった。将棋界初のドラフト会議は、棋士らしさが存分に出た読み合いが繰り広げられた。 【映像】将棋界初のドラフト会議  かつては「軍曹」、今は「中尉」と呼ばれるストイック棋士・永瀬二冠の顔から、普段では見られないような笑みがこぼれた。Abemaドリームチームの総監督を務めるサイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏と、1巡目で競合。1/2の確率を制し、大エースとなる藤井七段をくじで引き当てた。会議前の予想では、多ければ半分以上のリーダーが1巡目指名もあると見られていた大本命の天才棋士。豪運の持ち主でもあるIT社長との運比べに、見事勝利した。

 永瀬二冠の右腕はさらにうなった。2巡目、今度は三浦弘行九段(46)と若手の実力者・増田康宏六段(22)の指名がかぶった。2連続での抽選になったが、またしても当たりくじは永瀬二冠のもとに。会議後は思わず「自分はくじ運がいいんだなと初めて思いました」とはにかんだ。くじを外した三浦九段からも「個人的には永瀬さんところがずるいなと。楽するつもりだったんですけど、永瀬さんのところは、永瀬さん自身が強いのに、自分が勝てなくても勝てそうなメンバー」と冗談交じりにボヤくほど、今回の棋戦の大本命チームが完成した。視聴者からも「強すぎる」「優勝不可避」「優勝候補じゃん」との声が飛び交った。  このほか、久保利明九段(44)は菅井竜也八段(27)、今泉健司四段(46)とアマチュアから支持を受けそうな「チーム振り飛車」を結成。また、日本将棋連盟の会長職に就く佐藤康光九段(50)は森内俊之九段(49)、谷川浩司九段(57)という実績文句なし、泣く子も黙る「レジェンドチーム」を作り上げた。さらに羽生善治九段(49)がリーダーを務めるAbemaドリームチームは、藤田社長と麻雀の縁も深い鈴木大介九段(45)、AbemaTVの将棋チャンネルにも多数登場している三枚堂達也七段(26)というバラエティに富んだ3人組となった。  その他8チームもそれぞれ特徴的な組み合わせ。持ち時間5分・1手指すごとに5秒加算という超早指し戦という特殊な状況の中で、この顔ぶれであれば、もはや何が起きても不思議ではない。

【関連記事】