Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】マルティネスが素敵なリベンジで山頂にハートを描く。マイヨ・ジョーヌのログリッチは「僕にとってはスロベニアデー」 /  第13ステージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

山頂にピンクのハートが描かれた。大会2日目でタイムを失い、総合争いを断念したダニエル・マルティネスが、素敵なリベンジを成功させた。2020年ツール・ド・フランス「最難関」と謳われる第13ステージで、7つの峠と4400mの獲得標高を乗り越えた果てに、初登場ピュイ・マリーの山頂で勝者として名を刻んだ。イエローを巡る争いは、ようやくはっきり順列が見えてきた。スタート前は総合首位から10位までが「1947年以来最も少ないタイム差」である1分42秒以内でひしめき合っていたが、1日の終わりには、2分54秒差にまで拡大した。

「ツールでこんな瞬間を味わえたなんて、とってもとっても最高だよ。いまだに区間を勝てたという実感が湧かない。信じられない。特別な気持ちだ。この勝利は数日後に2歳の誕生日を迎える息子と、遠くから僕を支えてくれる家族に捧げたい」(マルティネス)

中央山塊の風景は、いつだってどことなくのどかで、それでいてひどく激烈だ。牛たちがのんびりと草を食む脇で、死火山の厳しい地形が鋭いアクセントを効かせる。こんなオーヴェルニュの大地で生まれ育ったフランスの英雄は、密かな願いを抱いていた。昨年14日間マイヨ・ジョーヌを着こなしたジュリアン・アラフィリップは、区間勝利を、そして過去2回総合表彰台に上がった経験を持つロマン・バルデは、たった1日だけでもいいから……生まれて初めてのマイヨ・ジョーヌを!

真っ先に動いたのも、やはり生粋のオーヴェルニャ(オーヴェルニュ人)。ご近所で生まれ育ったレミ・カヴァニャが、たくさんの友やファンの声を浴びながら前線へと飛び出した。ただし逃げたのは、決して自分のためではない。しばらく後にアラフィリップが追いついてくると、「クレルモンフェランのTGV」は牽引役を引き受けた。

「レミと一緒に前で走れて楽しかった。だって僕ら2人ともこの辺の出身だから。すごい喜びを感じたし、いい1日を過ごせたよ。どんな結果であれ、前を走るというのはやっぱりいいものさ」(アラフィリップ)

【関連記事】