Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

極道の妻も出産時「バカヤロー、出て来い!」と絶叫!【元ヤクザ《生き直し》人生録】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 元ヤクザでクリスチャン、今建設現場の「墨出し職人」さかはらじんが描く懲役合計21年2カ月の《生き直し》人生録。カタギに戻り10年あまり、罪の代償としての罰(懲役刑)を受けてもなお、世間の差別・辛酸ももちろん舐め、信仰で変われた思いを書籍で著わしました。「読者のみなさんで、自分の居場所を失った時、人生をやり直したい時、死にたくなった時、ぜひ、ボクと愛しき懲役囚たちとのバカ過ぎて真剣な犯罪と塀の中のエピソードで笑ってください!」と語るじんさん。本記事は、最新刊著作『塀の中はワンダーランド』より構成。 この記事の写真はこちら  ◼️女房という「ボス」にはタジタジで・・・ 当時のボクの女房は、名前を由果という、15歳も下のヤバイ系の女だった。外でのボクは天下御免のボスだったが、家に帰るとボスの座は女房に握られていた。そんな女房とユキテルという1歳8カ月になる可愛い息子の3人で暮らしていた。  ボスである奥さんは、毎月20日ぐらいになると、遊び人のボクに向かって、  「ジンさん、毎日遊んでばかりいて大丈夫なの? 生活費、25日にはきっちりもらうからね」と、外では債務者に追い込みをかけているボクにキツイ追い込みをかけてくるのだった。  ボクが食べる家での食事は極めて質素であった。魚が好きなことから鯖の塩焼きなどといった物が多い。反面、奥さんは焼き魚を食べているボクの前で大口を開け、100グラム800円もするステーキを食べたりする。  それでもボクは、そんな奥さんに頭が上がらなかった。過去の浮気事件が災いしていたからである。  あるとき、浮気相手の女が助っ人の女を連れ、二人で家に乗り込んできて、  「わたし、奥さんからジンさんを奪おうとは思わない。ジンさんのサイドの女でいいから二号さんにしてよ。だから、奥さん、これからは仲良くしましょう」  そう言ったもんだから、大変な騒ぎになってしまった。奥さんの方にもこのとき、たまたま悦子という友達が来ていたから、テーブルを挟んで女4人が殺気立ち、激しい言い争いとなる。  「二号にしてよ!」  「ダメです!」  「いいじゃない! 減るもんじゃないんだから!」  「ジンさんは渡しません!」  応酬合戦は30分ほど続いた。  こういうときの男はだらしがない。ボクはどうすることもできずに途方に暮れ、部屋の真ん中に後ろを向いて、人ごとのようにして黙って座っていたのだが、  「ジンさん、黙ってないでこっち向いてよ! アンタのことでしょ! 何とか言いなさいよ!」  二人から同時に言われてしまい、頭がクラクラしていたボクはそのまま振り向くと正座をさせられてしまったのだった。情けなかった。  ボクの奥さんは、過去に出刃包丁を振り回して久米川の町中で、自分の母親を追いかけ回したという武勇伝というか、破廉恥な事件を起こしていた。

【関連記事】