Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今井翼、ジャニーズ退所後初の連ドラ 桐山漣、藤原大祐ら「おじカワ」新キャスト発表

配信

シネマトゥデイ

 読売テレビの新ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(8月13日より毎週木曜夜11:59~放送・全5話予定)の新キャスト3名が1日、同局より発表され、俳優の今井翼がジャニーズ退所後初の連続ドラマに出演することが明らかになった。本作はツトムの人気漫画に基づき、見た目とギャップがあるヒミツを抱えた男たちの日々を描くストーリーで、今井はダンサーのようなチャラい出で立ちながら、「くまのがっこう」のジャッキー推しのデザイナーにふんする。そのほか、猫好きの営業課長に桐山漣、少女漫画家を目指す大学生に新人の藤原大祐が決定した。 【写真】猛反響!今井翼、15年ぶり大河で毛利新介に  COMICポラリスで連載中の同名漫画に基づく本作では、ダンディで仕事もデキるが犬のキャラクター『パグ太郎』に夢中というヒミツを持つバツイチの営業課課長・小路三貴(眞島秀和)と、同志たちの交流が描かれる。心の底では誰かと一緒に「好き」な気持ちを共有したいと夢見ていた小路が、43歳にして初めてヒミツを共有する相手が、デザイナーの河合ケンタ。演じる今井は、2018年に事務所を退所してメニエール病の治療に専念。先ごろ、15年ぶりの大河出演となった「麒麟がくる」の毛利新介役が話題になったが、民放の連ドラ出演は「屋根裏の恋人」(2017・東海テレビ/フジテレビ)以来。日本語吹き替え版のナビゲーターを務めるドキュメンタリー映画『プラド美術館 驚異のコレクション』が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたが、7月24日に公開されることが決定している。

 また、社内で人気者の小路に一方的にライバル心を燃やす営業課長の鳴戸渡にふんするのは、近年は「これは経費で落ちません!」(2019)や「いいね!光源氏くん」(2020)などのNHKドラマに出演した桐山漣。鳴戸は部下や小路に対して物言いが厳しくヒステリーを起こしがち。陰で“ワンレンメガネ”と言われ嫌われているが、実は大の猫好きという一面を隠し持つ。

【関連記事】