Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

既販売車のトヨタセーフティセンスでも昼間の歩行者検知が可能に! アップグレードソフトウェアを順次発売開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

クルマを買い換えなくても安全機能をアップグレードできる!

 トヨタは、安全装備「トヨタ・セーフティセンス」を搭載する既販売車両のアップグレードを開始。対象車両のソフトウェアを更新することで、昼間の歩行者検知も可能となる。価格は4180円(税込み、取付費別途必要)。 【写真】トヨタセーフティセンスの作動イメージ  トヨタセーフティセンスは、衝突被害軽減ブレーキや車線はみ出しアラート、先行車発進アラートや標識読み取りディスプレイ表示などを備えた予防安全技術だ。  今回、11車種を対象に、9月10日より順次アップグレードソフトウェアの販売を開始。導入することで、プリクラッシュセーフティ機能の対象が「車両のみ」のモデルでも、昼間において歩行者を検知することが可能になる。今乗っている愛車でも、これから購入する中古車でも、対象年式に合ったモデルであれば適用可能だ。 対象となる11車種は下記の通り。 9月10日発売 アクア(2015年11月~2018年4月) ヴィッツ(2015年6月~2018年5月) 10月発売予定 ノア/ヴォクシー/エスクァイア(2016年1月~2019年1月) シエンタ(2015年7月~2018年9月) 11月発売予定 ポルテ/スペイド(2016年6月~2019年7月) プロボックス/サクシード(2016年8月~2018年11月) JPN TAXI(2017年10月~2019年3月)

WEB CARTOP

【関連記事】