Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

遠野なぎこ、摂食障害やパニック障害を告白してブログ閉鎖

配信

SmartFLASH

 遠野なぎこが6月13日、最後のブログ投稿をおこなった。  遠野は5月19日に「悠くん」、6月8日に「蓮ちゃん」と愛猫2匹を相次いで亡くし、「色々考えました。色々考えて…やはり、この先のブログ継続は難しいと改めて判断しました」とブログ閉鎖を決断。13日は「このような形での最後となり、大変申し訳なく思っています」と投稿した。  自身に摂食障害、強迫性障害、パニック障害、希死念慮(死にたいと願うこと)、社会不安障害、醜形恐怖症、自尊心の異常な低さ、自傷行為とさまざまな不安があったことを告白。  ブログは、「目には見えない様々な病への理解を少しでも世に広げたく、そして自分と同じ様に苦しむ方々の休憩所のようなそんな場所」「匿名で、誰にも打ち明けられない“心の闇”を捨てていく場所。たまには、絶対に嘘をつかない人間から返信がくる場所」にしたかったという。  だが、「私の“いのち”でもある、“悠&蓮”を失った現在。もう何も言葉が見つからないのです。言葉に、力を注ぐ事が出来なくなってしまいました。全てのエネルギーを失いました」と愛猫の死去で無力感にさいなまれたことを吐露。  そのため「皆様にお掛けする言葉が見つからないのであれば、何かを発しても全く伝わらない。偽りの言葉になってしまうだけ。それは自身の性格上、決して許容出来るものではありませんでした」と閉鎖を決断した。  一方、仕事についてはこれからも変わらずに続けていくと宣言。ファンに「心はいつまでも繋がり続けているからね!! 一度繋いだ手は、永遠にそのままです」とメッセージを送っていた。

【関連記事】