Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「広瀬魔神は半端ない」広瀬章人八段、超速将棋で個人無傷の5連勝/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝トーナメント1回戦、チーム三浦とチーム広瀬が7月11日に行われ、第2局でチーム広瀬・広瀬章人八段(33)がチーム三浦・本田奎五段(23)に快勝、チーム成績を1勝1敗に戻すとともに、予選から続く個人成績を、無傷の5連勝とした。 【動画】広瀬八段、圧巻の個人5連勝  思わず解説していた藤森哲也五段(33)が「広瀬魔神」と命名するほどの強さだ。第1局で勝利し勢いに乗る本田五段に対し、タイトル経験もある実力者・広瀬八段は「盤の前に座ると緊張感が伝わってきました」と話すものの、指し手は力強いものばかり。中盤でつかんだチャンスを逃さず、一気に攻め倒す内容に、藤森五段は「広瀬魔神は半端ない」「みんなが見えていない景色が見えている」と、次々とその強さを表現するワードを連発した。  広瀬八段は予選リーグで、個人戦だった第1回、第2回大会を連覇していた藤井聡太七段(17)、早指し巧者の鈴木大介九段(46)相手に、無傷の4連勝。新たな「フィッシャールール最強棋士」の呼び声も高かったが、決勝トーナメントに入ってもその強さに変わることはなかった。 ◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで対局。全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。対局者は各対局前に決定する。優勝賞金1000万円。 ◆決勝トーナメント進出チーム  チーム渡辺、チーム永瀬、チーム康光、チーム三浦、チーム久保、チーム天彦、チーム広瀬、チーム糸谷

【関連記事】