Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京ディズニーランド&シー再開、働くキャストも涙。ミッキーとミニーは“ソーシャルディスタンス”。アトラクの待ち時間は?

配信

ハフポスト日本版

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休園となっていた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが7月1日、運営を再開した。 【ツイート集】東京ディズニーランド&シー、再開初日のパークの様子は?来園者がリポート 強風の悪天候にも関わらず、午前8時の開園時間に合わせて、再開初日のチケットを入手した人らが続々と集った。 再開初日の園内外の様子を、写真や動画を交えてリポートする。

2月29日から臨時休園となっていた東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。 混雑緩和と感染対策のため、「入園時間指定チケット」を導入し入場人数を制限しているが、最寄りのJR舞浜駅には久しぶりの来園に心を躍らせる人々の笑顔が戻った。 都内から訪れたという20代の女性は、「待ちに待っていた。今にでも泣きそうなくらいです」と喜びを語った。 運営の再開にあたっては、ソーシャルディスタンスを保つなど、当面の間はウイルス感染防止のための“新しい楽しみ方”になるが、「ニュースで情報は見聞きしていたし、(距離があっても)キャラクターが出迎えてくれることは変わりないので、夢の国ならではでいいかなと思う」と理解も示していた。 「当初は(サーバーが)繋がらなかったが、気合いで取った。諦めない事が大事」と運営再開初日のチケットを入手した喜びを語った。

パークでは感染対策として、来園者が入場する際には「検温」を実施し、食事の際を除き原則マスクの着用を必須とする。 また、パークで働く従業員(キャスト)には常時マスクの着用を義務付ける。 午前8時に入園時間を迎えた東京ディズニーランド。 エントランスを通りワールドバザールに差し掛かると、来園者をキャストと呼ばれる従業員や職員らがマスク越しながら笑顔で手を振って出迎えた。 東京ディズニーランドに来園した人は、その様子を「やばい泣きそう!」と声を漏らしながら撮影した。(かずきさんのTwitterよりご提供) ワールドバザールを抜けると、早速、東京ディズニーランド・バンドが演奏で盛り上げていた。 開園を待ち望んでいたのは、来園者だけではない。来園者に話を聞くと、マスクをつけたキャストが涙を見せることもあったという。 パークで働く人にとっても、待ちに待った再開初日だったのだ。

【関連記事】