Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ガル・ガドット主演映画「ワンダーウーマン 1984」キャラクター・ポスター公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 公開するや怒涛の勢いで数々の記録を更新する大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』の最新作映画「ワンダーウーマン 1984」が、10月9日(金)より全国ロードショー。公開に先駆け、主人公ワンダーウーマンをはじめとした、物語の核となる4名のキャラクター・ヴィジュアルが公開されています。  本作は、全世界で社会現象を巻き起こしたアメコミ界きっての女性ヒーロー・ワンダーウーマンが、ヨーロッパ、中東をはじめとする世界中を舞台に活躍する、前作よりアクション、スケールも格段にパワーアップした超大作アクション・エンターテインメント。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのはガル・ガドット。目を見張るアクションを繰り広げるしなやかな肉体とその美貌から、女優のみならずファッションアイコンとしても世界から注目を浴びています。なお監督は前作に引き続き、パティ・ジェンキンスが務め、クリス・パインが最愛の恋人スティーブを演じるほか、『オデッセイ』のクリステン・ウィグ、『フォレスト・ガンプ / 一期一会』のロビン・ライト、『キングスマン: ゴールデン・サークル』のペドロ・パスカルらが共演しています。  公開されたヴィジュアルには、世界の命運を握る4名の姿が映し出されています。まずは上段左、桁外れの“スーパーパワー”と“真実の心”を武器に戦う最強の戦士で、考古学者ダイアナの一面も持つワンダーウーマン(ダイアナ)。世界崩壊の危機を前に、闘志を秘めた表情を見せます。真の戦士だけが許された究極のゴールドアーマーをまとい、全身から強烈なオーラを発するその姿からは、正に最強のヒーローに相応しい気高さを感じます。  続いて上段右、欲望を操る伝説の“ドリームストーン”を手にし、巨大な陰謀を企てるマックス。一見すると普通のビジネスマンのようですが、世界を崩壊へと向かわせる巨大な陰謀をもくろんでいます。“全人類の欲望を操る”という超強力なパワーを得ることで、ワンダーウーマンをこれまでにないピンチへと追い込む最強のヴィランです。そして、下段左に位置するのがスミソニアン博物館で働くダイアナの同僚である博士、バーバラ。地味な博物館員の彼女は、ある秘めた野望を心に宿します。その強い願いがマックスによって実現されるとき、世界は終末に向かって走り出します。そして最後はワンダーウーマンと共に世界の脅威に立ち向かう元空軍パイロット・スティーブ。ワンダーウーマンを支え、共に強大な悪に立ち向かう頼れる仲間です。  また、9月13日(日)には、DCが贈るアメコミファンの祭典第2弾「DC ファンドーム:ディスカバー・マルチバース」が開催され、「DC ファンドーム:日本から世界へ!メイド・イン・ジャパンなDCの魅力大解剖!」と題した日本オリジナルプログラムが配信されます。 (C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

【関連記事】