Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小室圭さん母、古巣洋菓子店に“再就職”で借金返済始動? 直撃に久しぶりの肉声

配信

週刊女性PRIME

「'18年8月、小室圭さんがアメリカ留学に旅立ってからというもの、母親の佳代さんは姿をほとんど見せず、自宅に引きこもっていました。 【写真】小室佳代さん、洋菓子店で働く姿別カットと直撃時の様子  その間に、以前勤めていた都内にある洋菓子店『マッターホーン』を退職したそうですが、実は今年4月ごろ、こっそりと“再就職した”と聞いています。眞子さまと圭さんの結婚問題の鍵を握る“金銭トラブル”解決のため、ついに動き始めたと囁(ささや)かれているんです」(宮内庁関係者)  '18年2月に宮内庁から発表された、眞子さまと小室圭さんの婚約延期。  前代未聞の出来事からすでに2年半が経過しているものの、今後の見通しは不透明なまま。そんな中“結婚問題のキーマン”がついに動き出したウラには、いったいどんな思惑があるのだろうか──。 「秋篠宮家は、悠仁さまを除いた4人が毎週、新型コロナに関しての専門家や医療関係者、その他団体からのご説明をオンラインで受ける日々を送られています。  眞子さまも先日、総裁職を務められている『日本工芸会』と『日本テニス協会』の関係者から、コロナによる影響について、単独でご説明を受けられました。  客員研究員という非正規雇用でお勤めになっている博物館『インターメディアテク』は、しばらく在宅ワークでしたが近々職場での仕事に切り替わる予定とのことです」(秋篠宮家関係者)  一方の小室さんは、留学中のニューヨーク州にあるフォーダム大学ロースクールが夏休みに突入している。 「コロナが蔓延しているニューヨーク州ですが、小室さんが在学中のロースクールでも感染者が出たこともあり、すべての授業がオンラインに。学生寮も封鎖されたので、おそらく現地に住む知人などを頼っているのでしょう。  5月いっぱいで、留学2年目の授業が修了し、9月ごろに始まる3年目のシーズンまで夏休みに入っています」(皇室ジャーナリスト)

変わらず勉強にいそしんでいます

 現在の小室さんの様子や、最近話題になった“起業家の資金調達”をテーマとして執筆した論文などについて、代理人である上芝直史弁護士に聞いてみると、 「大学が休みということは関係なく、授業があったときから変わらず勉強にいそしんでいます。当初から、幅広い分野に興味を持って勉強しているのですが、たまたま(起業家の資金調達をテーマにした分野を)論文にしただけであって、現在もいろいろな分野に目配りしながら勉強していますよ。  もし、その分野が論文を書いたことでひと区切りしたのであれば、今は別のことを学んでいることでしょう。勉強のテーマをしぼっているわけでも、各分野に次々と目移りしているわけでも決してありません」  とのことだった。  今後、アメリカから帰国する予定は当分ないというが、いち学生である小室さんがここまで注目されてしまったのは、眞子さまとの婚約延期に至った“きっかけ”も一因にあるだろう。  '17年12月に週刊女性がスクープした、小室佳代さんが元婚約者男性・竹田さん(仮名)に400万円超の借金を抱えていたトラブルが発覚したことにより、おふたりの結婚にストップがかかったといわれている。  おふたりが“ゴール”するには、秋篠宮さまが求める“金銭トラブルの解決”と“国民から祝福を受ける”ことが条件という見方が強い。  一昨年の2月に婚約延期が発表された際には“お代替わりに関する一連の行事が終わった'20年に改めて、結婚行事のスケジュールを公表する”と、宮内庁は発表したのだが、今年に入ってから、誰もが予想できなかった事態に……。

【関連記事】