Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名曲散歩/ラッツ&スター『め組のひと』TikTok決めポーズで再ブーム

配信

SmartFLASH

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。 お客さん:お、このイントロはラッツ&スターの『め組のひと』。若い子たちが、TikTokの決めポーズ「めっ!」をして再ブームになったよね。 マスター:これはシャネルズからラッツ&スターに名前を変えて、最初に売れた曲なんだよね。 お客さん:あの頃、不思議だったんだけど、なんで名前を変える必要があったの? マスター:それはほら、シャネルズが売れっ子になったことで、同じ名前のブランドから……。 お客さん:問い合わせが入ったってことか。 マスター:そう。当時の担当ディレクターによると、スペルの最初を「C」から「S」に直そうとしたけど、発音は同じだから。だったら、一気に名前を変えようとなって、「ラッツ&スター」にしたそうだよ。 お客さん:「RATS&STAR」、ネズミがスターになるという意味だし、英語で書くと左から右に読んでもラッツ&スターだから、しゃれてるよね。 マスター:その改名後の第1弾シングルが、1983年資生堂のアイシャドウのCMソングに起用された『め組のひと』だったってわけだ。 お客さん:だから「めっ!」なんだね。 マスター:結果、60万枚以上を売り上げ、『ランナウェイ』『街角トワイライト』に次ぐ、3作目のオリコンチャート1位に輝いた。 お客さん:マイナスをプラスに変えての1位獲得か、学ぶべきところがあるな。  おっ、次の曲は……。 文/安野智彦 『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中(※現在はコロナの影響でお休み) 参考:富澤一誠『J-POP名曲辞典300曲』(ヤマハミュージックメディア)

【関連記事】