Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<麒麟がくる>木下ほうかが大河ドラマ初出演「トイレは放送前に済ませて、テレビにかぶりついてご覧ください!」

配信

ザテレビジョン

4月26日(日)に放送される長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第15回に木下ほうか演じる織田信光が登場。放送に向け、木下がコメントを寄せた。 【写真を見る】大河ドラマ「麒麟がくる」第15回に登場する織田信光役の木下ほうか 史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。 木下が演じるのは織田信秀(高橋克典)の弟・信光。甥である信長(染谷将太)の家督相続を支持するという役どころだ。 ■ テレビにかぶりついてご覧ください! 木下は、「大河ドラマ初出演です。今回の出演はこの1回だけですが、とてもインパクトが残る役で、撮影がとても楽しみでした」とコメント。 「今回、殺陣のシーンもありましたが、殺陣の先生や監督とも相談してシーンを作りました。とても手応えがありましたし、みなさんに満足していただけるシーンになっているのではないかと思います」と作品の出来に自信を見せた。 そして、「この回を見逃したら、もう決して見ることができません。トイレに行ったら見逃してしまうと思いますので、トイレは放送前に済ませて、テレビにかぶりついてご覧ください!」と見どころをアピールした。(ザテレビジョン)

【関連記事】