Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元ロッテ成瀬がスピード全盛の時代に伝えたい思い 故郷で見つけた新たな目標とは?

配信

Full-Count

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに選手兼任コーチとして加入

 夕刻のグラウンドに、穏やかな表情が映える。 「選手たちはいい緊張感で臨んでくれましたし、僕自身は暖かく見守っていましたよ」 【動画】「ほとんど無回転」えぐいナックルが左右に変化 今季から独立Lに挑戦する佐野投手の実際のブルペン映像  ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスが、21日に栃木県営球場で迎えたシーズン開幕戦。今季から選手兼任で加入した成瀬善久投手コーチが、新天地での第一歩を振り返った。昨季限りでオリックスを戦力外となった左腕は今、ふるさとの地で前途ある若人たちと向き合っている。  16年間過ごしたNPBの舞台に別れを告げ、地元に戻ってきた。ゴールデンブレーブスが本拠とする栃木県小山市の出身。「今は実家に住んでますよ。中学生以来だから、もう20年ぶりくらいですかね」。今年1月に栃木の入団会見をしてから5か月あまり。新型コロナウイルス感染防止に気を配りながら、徐々に野球ができる環境が戻ってきた。ロッテ入団時の背番号60を再びつけた成瀬兼任コーチは、自らの役割を全うしていく。  マウンド上で獲得してきた経験値は、生半可な数じゃない。2007年に16勝1敗、防御率1.81という抜群の成績で最優秀防御率と最優秀投手(勝率1位)の2冠を獲得。2010年にはエースとして日本一に貢献した。ロッテで11年間過ごし、その後はヤクルトとオリックスでもプレー。通算96勝はそのまま自身の財産となり、NPBを目指す若手選手たちにノウハウとして還元される。

華やかなNPBの世界も、わずかな甘さが命取りに

 NPBの世界はすこぶる華やかだったが、その分心身ともに過酷を極める日々でもあった。わずかな甘さが命取りになる。「(若手選手たちは)厳しいことやきついことを避けることも多い。何が自分に足りないか考えながらやってほしい」と語気を強める。もちろん、手助けは惜しまない。「口で教えつつも、分からなかったら見本を見せてあげられる。一緒にやった方がサポートしやすい面もありますから。ある意味、選手兼任の特権ですよね」。最も身近にある生きた教科書。寺内崇幸監督も「試合で先発もしてもらうし、中に入ってもらうこともある。いい見本になると思う」と期待する。  20代前後の若手たちは、まだまだ荒削り。そんな彼らに成瀬兼任コーチが伝えていきたいことは、いまの球界の潮流にはそぐわないのかもしれない。パ・リーグを中心に、1軍で活躍する投手たちは当たり前のように150キロ超の速球を投げる。球が速くなければ通用しない……。そんな向きさえあるし、栃木の投手たちがスピードを追い求めるのも分かる。ただ、130キロそこそこでも白星を重ねてきた自身には、それが唯一無二の正解にはどうも思えない。 「いくら球が速くても、四球を連発したり、変化球でストライクが取れなかったりしたら意味がない。歳をとってスピードが出なくなったらどうするのか。力ばかりじゃなくて、球の出し入れや配球での伏線、打者との駆け引き……。いろんな引き出しを持ってくれたらいいかなと思う」

【関連記事】