Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブリヂストン、30万枚の自社製造簡易マスクを関係自治体に提供開始

配信

MOTA

ブリヂストンは5月7日から、合計30万枚の簡易マスクを、国内ブリヂストングループの生産拠点がある各地域の自治体に提供すると発表した。 ■最新のポテンザ RE-71 RSを装着したトヨタ スープラの画像はコチラ

自社従業員だけでなく地域にも貢献

ブリヂストンは過去の業務用マスクを製造していたノウハウをもとに、ウレタン製品の生産ラインを活用して簡易マスクの自社製造を開始した。 簡易マスクは国内ブリヂストングループ会社従業員が、販売活動や生産活動を行う際に使用することを前提としていたが、地域社会でのニーズに応え、生産拠点のある各地域の自治体に提供することを決定。マスクの提供はGW明けの、本日5月7日から行われている。

ブリヂストングループの生産拠点工場と提供する自治体

■タイヤ工場 ・栃木県那須塩原市・福岡県久留米市・東京都小平市・福岡県朝倉市・滋賀県彦根市・福岡県北九州市・山口県下関市・佐賀県鳥栖市・山口県防府市 ■原材料工場 ・佐賀県三養基郡上峰町・佐賀県神埼郡吉野ヶ里町 ■化工品工場 ・神奈川県横浜市戸塚区・岐阜県関市・静岡県磐田市・熊本県玉名市 ■化工品グループ会社工場 ・静岡県掛川市・三重県名張市

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA