Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

休憩ができないんですけど!! トラックドライバーからみた一般車の迷惑行為3選

配信

ベストカーWeb

    道路は、トラック・バスから乗用車、バイク、自転車、歩行者などが共同で利用する混合交通の場だ。自分の運転マナーが「ちゃんとしている」と思っても、視点が異なれば「全然できてない」なんてことも、よくあること……。 【画像ギャラリー】「やめてほしい」「なおしてほしい」トラックドライバーからみた一般車の迷惑行為   今回はトラックドライバーの目線から「止めてほしい」「直してほしい」乗用車の運転マナーを、トラックマガジン『フルロード』に寄せられた意見の中から、編集部が集めた。   物流を支えるトラックの走りをちょっとサポートしてみませんか?   文/写真:フルロード編集部

■トラックは急に止まれません!! 

    トラックドライバーから「止めてほしい」こととしてとても多かったのが「急な割り込み」だ。重量が大きければ、それだけ制動距離も長くなる。トラックが車間距離を空けて走っているのは、安全に停車するのにそれだけの距離が必要だからだ。   北九州で大型トレーラを運転している幸恵さんの話。  「車間を空けて走行しているせいか、『トラックの前=入れる』と思っているような運転をする乗用車がたくさんいます。   確かにトラックは車間距離を空けて走っていますが、トラックにとってはただの車間距離ではなくて停止距離なんです。空車や実車、荷姿や重量、そして走っている速度や路面状況、これら全てを計算して、いざ前のクルマが急停車しても止まれる分だけの距離をキープして走行しているんですよ。   そんなことを知ってか知らずか、乗用車は急にそこに入って来て、そのままブレーキを踏んでゆっくり左折して行ったりします。もっと酷くなると急に前に入って来てそのまま完全に止まるクルマもいます。ここまできたらもはやただの当たり屋としか思えません(笑)」   実際に、割り込みによる事故を目の前で見たと話すのは、大阪で海コントレーラを運転する渚・涼のパパさんだ。  「長い下り坂の続く片側2車線道路で、鋼材を積んだトレーラの前に、乗用車が無理やり割り込みました。前方の信号が赤になったので、乗用車はそのまま急停車。割り込まれたトレーラ運転手も、あわててブレーキを踏みました。   すると、荷台の鋼材が前方に滑り出し、キャビン後方の窓を突き破り、フロントガラスの手前まで達しました。たまたま鋼材がキャビンの真ん中を貫通したので、運転手にケガはありませんでしたが、本当にびっくりしました。   私は、事故現場の少し後方の右側車線を走っていましたが、車間距離をとることの大切さを痛感した出来事です」   乗用車と大型車は運転席の高さが違うので、トラックの真横でウインカーを出しても、ドライバーからは見えない。しっかり前に出て合図を出せばトラックが減速する余裕が生まれる。   基本的な交通ルールを守り、運転の意図をしっかり相手に伝えるだけで安全性は向上するはずだ。

【関連記事】