Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/砂原浩太朗(小説家) 織田信長を討った逆臣、という明智光秀(?~1582)のイメージは、20世紀の後半からしだいに変わってきた。「本能寺の変」の真相は依然、藪のなかとしても、現在ではむしろ戦国武将にまれな教養人であり、かつ愛妻家という像が出来あがりつつある。が、豊臣秀吉の正室・北政所や、前田利家の妻まつなどと異なり、光秀の妻に目が向けられることはいまだ少ない。本稿では、ごくかぎられた史料を手がかりに、語られることまれであった「明智光秀の妻」の姿を追う。

謎に満ちた光秀の前半生

歴史好きな方にはよく知られたことだが、光秀の前半生は謎につつまれている。生年も不明であり、軍記物語をもとにした1528年生まれ(本能寺のとき55歳)という記述をしばしば目にするが、根拠にとぼしい。もっとも、戦国武将の履歴などはたいていこうしたもので、たとえばおなじ織田家中の前田利家や柴田勝家も正確な生まれ年は不明である。出身地についても複数の説があるものの、美濃(岐阜県)の出であることは信じていいだろう。がんらい同地の守護であった土岐氏の一族と見られている。 その土岐氏を放逐し美濃を支配していた斎藤道三につかえたが、道三とその子・義龍があらそったおり、義龍方に攻められて居城が落ちる。かろうじて逃れた光秀は、諸国放浪ののち信長に仕えた……というのが通説だが、これらはすべて良質な史料に記載のないもので、そうした可能性もあるという以外ない。彼がはじめて歴史に登場するのは1568年。15代将軍となる足利義昭が信長の庇護をうけるに際し、間にたち交渉にあたった。このときは両者に属するような立場だったが、その後、信長の臣下になったとされる。 さて、光秀の妻はおなじ美濃の土豪・妻木氏の娘。有名な細川ガラシャ(光秀の盟友であった細川藤孝の子・忠興に嫁す)の生母であり、今につづく細川家の記録に残っていることだから、この出自は信頼していい。しばしば名を熙子(ひろこ。正しくは「熙」の字に、にすいがつく)とされるが、土豪の娘にしてはいささか雅びな名と感じる。推測だが、父の名・範熙(のりひろ)から一文字とって後世に付けられたものではないか。が、ほかに呼びようもないので、本稿でも熙子とすることをお断りしておく。

【関連記事】