Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

優しさが満ちた物語に桑原由気「私も演じながら泣きそうに」 アニメ『神達に拾われた男』インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 2020年10月から放送・配信されたTVアニメ『神達に拾われた男』。いわゆる“異世界転生モノ”のアニメでありながらも暗い展開は無く、視聴者が作品から得た優しい気持ちを自身の生活に持って帰ることができる物語となっている。  ABEMA TIMESでは主人公・リョウマ役の田所あずさ、エリアリア役の桑原由気、ミーヤ役の高野麻里佳の3名へのインタビューを実施。第2弾となる本記事では、収録の際にそれぞれが心がけた点や、印象に残っている他キャストの演技について聞いてみた。 ―― 各キャラクターを演じる上で心がけたことを教えてください。 高野:『神達に拾われた男』では何かひとつ事件が起きても、その話数の中で解決するようになっているんです。それが見やすさみたいなものに繋がっているのだと思いますね。だから話ひとつの中にも起承転結を感じられるように心がけました。ミーヤは事件に対して大騒ぎして、解決したら今度は楽しく騒ぐみたいなキャラクターですし、性格の楽観的な部分をうまく表現できたらと考えながら演じさせていただきました。 リョウマくんって表情がいつも穏やかでフラットなイメージがありますけど、やっぱり演じていく上で差とか付けていたんですか? 田所:リョウマは優しい子なんですけどどこか堅いところがあって、たぶんそれはあまり他人に期待していないからこそだったりするのかなあって個人的には思っています。もちろん困っている人がいたら助けてしまう性分なんですけど、だからといって見返りを求めるタイプではない。というか、見返りなんて存在するとは一切思ってないんじゃないかな。 高野:前世のリョウマさんの人生を思い返すと悲しくなってきました……! 田所:だから公爵家の皆さんに優しくされたとき、「僕のことをこんなに思ってくれる人がいるなんて」とビックリする。そういう心の動きを表現できたらと思っていました。 桑原:リョウマ、エリアリア、ミーヤ以外の登場人物も含めてみんな真っ直ぐなキャラクターたちで、誰も嘘をついてこないんですよ。だから必要以上に深く考えすぎないようにして、私も真っ直ぐ表現できたら良いなあと思いました。 ―― ご自身以外のキャストさんの演技で印象に残っているものはありますか? 高野:アニメ公式Twitter上で公開されている、前世のリョウマさん(CV:安元洋貴)と田淵くん(CV:古川慎、転生前のリョウマを慕っていたオタク系の後輩社員)のやり取りがすごく興味深くて。転生前の話をこんなにコミカルに、しかも放送前にウェブで公開するのかと驚きました。主人公の転生前の人柄を知っておくことによってアニメ本編が何倍も楽しめるようになると思います。

【関連記事】