Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【KNOCK OUT】日菜太、初の73kg契約も「問題ない」対する田村聖「派手にKOで勝つ」=前日計量

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 9月13日(日)に東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』に出場する選手の前日計量が12日都内にて行われた。 【フォト】計量でマッスルポーズ、割れた腹筋を見せる日菜太  第1部のメインイベント第5試合[73kg契約3分3回戦(延長1R)BLACKルール]に出場する日菜太(クロスポイント吉祥寺)、田村聖(拳心館)が計量に臨み、日菜太が72.85kg、田村が72.85kgで共に契約体重をパスした。  日菜太の前戦は2月のKNOCK OUTで、明日は約7ヶ月ぶりの試合となる。「コロナの自粛期間とかで時間が空いちゃいましたが、腐らずに地道なトレーニングをやってきました」と、試合に向けた準備は万端だという。  70kgでの試合が多い日菜太にとって、今回は初めての73kg契約となるが「問題ないですね。2日前から減量しましたが、70kgのときみたいに時間を掛けて落としたわけじゃない。ナチュラルないつもの自分を見せたい」と、減量による悪影響はないとアピールした。  対する田村は「有名な選手と組んでいただいてありがとうございます。派手にKOで勝ちたい」と会見スタートから、知名度のある日菜太にKO勝利し名を上げる構えを見せた。  国内屈指のテクニシャンである日菜太相手に臆する様子はなく、KOする自信を問われると「日本人無敗というのは美味しく見えて、やる気が何倍にもなります」と、KO必至の決着を予感させる。  この会見前、NKBのマッチメーカー・竹村哲氏による勝敗予想がKNOCK OUT公式YouTubeチャンネルに公開された。竹村氏は「8対2」で田村の勝利を予想。それを受けた田村は「期待に応えられるように頑張ります」と、団体の威信を背負いさらにKOへの意欲を高めた。  一方の日菜太は「何とも思ってない」と、あくまで予想は予想とどこ吹く風。会見場に着用してきたマスクが、日菜太からチケットを購入した際の購入特典であると明かし「試合場でお客さんがつけてくれると思う。しっかりクリアして、次の日菜太グッズは何を作ろうか考えたい」と、あくまで”通過点”と捉える考えを示した。 <計量結果> ▼メインイベント 第5試合 73kg契約 3分3回戦(延長1R) BLACKルール 日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS-BLACK 70kg級王者) →72.85kg vs 田村 聖(拳心館/NKBミドル級前王者、NKBミドル級1位、PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント優勝) →72.85kg

【関連記事】