Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヒットなしでサヨナラ勝ち?」「ドラ戦士が甲子園の阪神ファンを沸かせたサヨナラ?」…川上憲伸、立浪和義、谷繁元信、井端弘和の忘れられないサヨナラゲーム

配信

CBCテレビ

「とある妄想しがちなファンのドラゴンズ見聞録」 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム 6.19待ち侘びたプロ野球開幕が見えてきた。緊急事態宣言も全面的に解除される見通しとなり、一歩一歩かもしれないが着実に進んでいる。ナゴヤドームでの練習風景に懐かしさを覚えるくらいに色々な変化があり、時間が経ってしまったが、またこうして始まっていく感覚は色々なことをひとまず置いておけるような純粋な嬉しさがある。そんな気持ちと共に、忘れかけていた熱狂を忘れられないシーンと共に思い出してみたい。 今週のサンドラでは、百戦錬磨の4人が挙げた忘れられないサヨナラゲームを特集。選んだシーンで各OBの個性が出ていてなかなか面白い。それでは、それぞれのサヨナラゲームを振り返る。

井端弘和 忘れられないサヨナラゲーム 2004年5月30日 VSタイガース

荒木雅博のヒット1本のドラゴンズ打線に対し、7本のタイガース打線も無得点。0-0で迎えた9回裏。四球で出た井端を一塁において福留孝介がバントし、送球時にエラーで2、3塁とチャンスを広げる。そして、代打大西崇之が放ったライトフライが定位置より少し浅い位置で捕球されたが、タッチアップ。9回の攻撃中にヒットの1本も放つことなく勝利を収めるという、大変珍しい勝利をサヨナラで収めた試合だった。 <サヨナラでホームインするまでを回想して…> 「定位置より若干前のような気がしたので、高代コーチに『行っていいですか?行っていいですか?』とやり取りしていましたよね。(ホームインした後は)ネクストバッターと抱き合っていたと思いますけど、後から打った選手を追いかけていくので、だいぶ遅れていますけど(笑)」 <試合を振り返って…> 「僕たちは塁に出るのが仕事だと思っていたので、打つのも嬉しいけどホームに帰ってくるのも嬉しいなと思います。こんなヒットの本数でも勝てるんだと驚いた。」

<サンドラMEMO> 井端の記憶では勝利の瞬間打った大西氏の元に行くのが遅れたというが、検証の結果、ホームイン後に一目散に大西氏の元へ。到着はなんと3人目の早さでたどり着いていたという。 <立浪和義氏のコメント> 「(ヒット1本でも勝てるもの?)滅多にはないですよね。まずピッチャーが絶対0点に抑えてくれるというのが条件で。2004年はピッチャーが良かったので、1点差勝ちも多かった」

【関連記事】