Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オカダ・カズチカが新タイトル『KOPW2020』のルール投票をファンに呼びかけ!「決まったルールで僕たちプロレスラーが素晴らしい闘いをお見せする」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 17日、新日本プロレスが『新日本プロレスワールド』にてオンライン会見を開催し、オカダ・カズチカによって『KOPW2020』のルール投票についての説明が行われた。  『KOPW2020』とは、オカダ・カズチカが提唱した新日本プロレスの新タイトル。  8月26日の後楽園ホール大会で行われる1回戦では、出場選手がそれぞれ持ち込んだルールをファン投票によって決定してシングルマッチで実施。そして8月29日に行われる明治神宮球場大会では1回戦を勝ち上がった4選手による4WAYマッチでの決勝戦を行う。  IWGPヘビー級王座を至高とするオカダの提案には衝撃が走り、数多くの選手が参戦の意思を表明。それぞれ因縁ある相手との特殊ルールでの決着戦を宣言していた。  『KOPW2020』の1回戦では、小島聡vsエル・デスペラード、矢野通vsBUSHI、SHOvsSANADA、オカダ・カズチカvs高橋裕二郎の4試合が決定。各選手たちは下記のルールを持ち込んだ。 【小島聡】必殺技指定マッチ(小島はラリアット、デスペラードはピンチェ・ロコのみでの決着) 【エル・デスペラード】必殺技禁止マッチ(小島はラリアット、デスペラードはピンチェ・ロコを使用すると失格) 【矢野通】ピンフォール2カウントマッチ 【BUSHI】場外リングアウト5カウントマッチ 【SHO】サブミッションマッチ 【SANADA】3カウント無しオンリーギブアップルール 【オカダ・カズチカ】1vs3ハンディキャップマッチ 【高橋裕二郎】ランバージャック with レザーベルトデスマッチ  『NEW JAPAN CUP』2回戦でSANADAのSkull Endで敗れたSHOがリベンジマッチとして要求したサブミッションマッチだが、SANADAが「いいよ。やってやるよ」とほぼ同じルールを提案したため、両者の試合を除く3試合のファン投票が行われることに。  オカダは自身の試合について、1回戦の候補である1vs3のハンディキャップ戦とランバージャックデスマッチ、そして決勝戦で予定されている4WAY戦も初めてであると語るも、「どれにしても自信はありますね」と笑顔。  そして最後に「今までの新日本プロレスの闘いにはない闘いが出たと思います。皆さん『俺はこの試合が見たい』『私はこの試合が見たい』という試合が実現出来るように投票していただいて、決まったルールで僕たちプロレスラーがしっかりと素晴らしい闘いをお見せしますので、『KOPW2020』を楽しみにしていてください」とファンにメッセージを贈った。  『KOPW2020』のルール決定ファン投票は、新日本プロレス公式Twitterアカウントにて17日18:30~23日23:59まで行われる。

【関連記事】