Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベトナム日本食店「旭日旗」看板を下ろしたソウル公務員「都市外交史の快挙」=韓国報道

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

韓国・ソウルのある公務員がベトナムの日本食店に設置された「旭日旗」看板を下ろしたことが注目を集めている。 【関連写真】この記事の写真をもっと見る  23日ソウル・ヨンサン区によるとユン・ソンベ ヨンサン(龍山)国際交流事務所長は1日、ベトナムのクイニョンのある日本食専門店を訪ねた。  ユン所長は入口の上部に旭日旗に似た看板が設置されているのを見て、食堂のマネージャーを訪ね「看板のデザインが日本帝国主義を象徴する戦犯旗と似ているためデザインを変えた方がいい」と提案した。  マネージャーは「指摘に共感する」としつつも「外部インテリア業者が工事をし(本人は)デザインを変える権限がない」と答えた。  ユン所長はインテリア業者に直接通話をした。フェイスブックを活用し看板の写真をのせて問題を公にした。ユン所長が運営中の国際交流事務所「クイニョン世宗学堂」学生たちが食堂に抗議の電話をした。  店主を直接説得するため2日後再び食堂を訪ねたユン所長に、店主はむしろ「ベトナムの礼法上、他人の事業に干渉することがより問題だ」と賠償を要求した。  ユン所長は書き込みを消し費用も直接出すから看板を変えてほしいと再び店主を説得した。店主は結局心を変えた。3日後に設置された新しい看板は問題の「旭日」が消され、45度の角度の斜線が配置された。  ユン所長は「店主が賢明な決定をしてくれてありがたい」と「クイニョンで一番有名な食堂になると信じる」と変わった看板の写真をフェイスブックに上げた。  クイニョン市は最近、脚光を浴びている国際観光都市だ。ヨンサン区との縁によってベトナムを代表する「親韓派」都市となった。クイニョン市庁では1年365日太極旗がなびいている。今年初めに直行便ができたクイニョン市プカ空港では「ようこそ。大韓民国ソウル・ヨンサン区姉妹都市クイニョンへ来られたことを歓迎します」というハングルのプラカードがかかっている。  1965年ベトナム戦争当時、ヨンサンで創設された猛虎部隊がクイニョン市に駐留した。しかし、1992年の韓国・ベトナム国交樹立以来、参戦した兵士たちの都市間の友好交流を提案され、1996年龍山区議員だったソン・ジャンヒョン区庁長が代表としてクイニョンを訪れた。以降、様々な交流を通じて区庁長は2018年にベトナムの友好勲章を受けた。  ユン所長が率いる龍山国際交流事務所は、2016年の開館以来、韓国語講座(クイニョン世宗学堂)、愛の家作り、幼稚園の建設、白内障治療支援などの現地事業を統括している。昨年は韓国企業を対象とした「ビンディンソン投資説明会」を後援した。  ソン区庁長は「今回の戦犯旗の看板の変更は、都市外交史の快挙に記録されるだろう」とし「歴史を正しく立てることができるよう区と公職者が最善を尽くしたい」と述べた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】