Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

丸紅、食品廃材が原料の「循環型食器」を開発 実験を開始へ

配信

AMP[アンプ]

丸紅は、食品廃材を原料とし、何度でも生まれ変わることができる“循環型食器”「edish」の実証実験を開始した。 edishは、丸紅のビジネスプランコンテストから誕生した、環境に負荷をかけない循環型食器。 今回の実証実験では、ゼットンの協力により、8月11日から10月31日(予定)までの期間、ユーザーの検証および循環サイクルの検証を実施する。 飲食店や利用者からのフィードバックによる細かなサービス改善を重ねながら、事業化を検討していく、オープン型の実証実験となっている。 edishのアップサイクルでは、これまでほとんど用途がなかった食物の皮や芯などの食品廃材を、独自の技術で食器に成型し、飲食店へと提供。 使用後は、食器を回収し、工場にて粉砕・乾燥。その後、飼料や肥料などへ加工し、畜産事業者や肥料事業者に提供することを目指すという。 また、同取り組みでは、利用者が料理を食べ終わった後、自らの手でedishを「回収BOX」に入れてもらうことで、環境に配慮した循環型社会への参加意識も醸成していくとのことだ。 第一弾は、小麦ブラン(小麦の皮)を原料として、“つぶして回収する”という特徴をもったボウル容器「edish bowl」と、平皿「edish flat」、および深皿「edish deep」の計3種類を製品化。 実証実験の実施店舗は、葛西臨海公園CRYSTAL CAFEおよび葛西臨海公園バーベキュー広場で行われる。 回収後には、公園内での肥料として活用することを目指す。 なお同社は、平皿やボウル容器のみならず、タンブラーやフォーク、スプーンなどの食器への加工も実験中で、今後様々な食品廃材を原料にした食器を開発するため研究を重ねていくとしている。

【関連記事】