Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妻夫木聡×吉高由里子『危険なビーナス』、重要役にディーン・フジオカ&染谷将太&中村アン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 俳優の妻夫木聡が主演を務め、女優の吉高由里子がヒロイン役で共演する10月スタートの日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)より、2人を取り巻く重要キャストとして、ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンの出演が発表された。 【写真】『危険なビーナス』で主演を務める妻夫木聡&ヒロインの吉高由里子  作家・東野圭吾の同名小説を実写化する本作は、とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑むラブサスペンス。TBSの連続ドラマ主演は16年ぶりとなる妻夫木が、主人公の獣医・手島伯朗役、吉高が伯朗の異父弟・明人の妻と名乗る謎の美女・矢神楓役を演じる。  ディーンが演じるのは、矢神家の養子で若手実業家の矢神勇磨。昔から伯朗のことを見下しており、事あるごとに挑発してくる嫌味な男だ。さらに、明人を捜すために矢神家を訪れた楓のことを気に入り、楓と行動を共にする伯朗を尻目に強引にアプローチをする。  ディーンは妻夫木とは初共演で、くしくも同じ年。そんな2人が吉高演じる楓をめぐって対峙(たいじ)するシーンも見どころ。役どころについてディーンは「伯朗にとって“大きな壁”のような存在でもあると思うので、とにかく僕はヒールに徹したいと思っています。そんな勇磨と伯朗の間でどんな駆け引きが生まれていくのか、ぜひ注目してください」と話す。  染谷が演じるのは、伯朗の弟で楓の夫とされる矢神明人。伯朗にとっては、母が矢神家の御曹司と再婚してから生まれた弟で異父兄弟となる。30億円の遺産の相続権を持つ明人が突然失踪したことで、伯朗は縁を切っていた矢神家と再び関わることになる。まさに、この物語のキーパーソンだ。「この物語は僕が演じる明人が失踪したことから始まるので、とにかく僕は謎に包まれた人物として存在できればと思っています」と染谷。  中村が演じるのは、伯朗が副院長を務める池田動物病院の看護師・蔭山元美。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ。常に冷静で、伯朗と共に池田動物病院を支えている有能な助手だ。中村は「私が演じる元美は、伯朗さんが院長代理を務める動物病院の看護師です。クールな雰囲気ですが、伯朗さんのために『何かしてあげたい』という優しさも秘めている女性、表には出さないけど、心の中は温かい人なんじゃないかなと思っています」としている。  日曜劇場『危険なビーナス』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

【関連記事】