Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

時価総額でアリババ超えのテンセント、快進撃はどこまで続くのか

配信

36Kr Japan

ここ最近、テンセント(騰訊)の株価と時価総額がますます上昇している。株価は6月24日に500香港ドル(約6940円)の天井を突破して以降、7月9日には終値559.5香港ドル(約7740円)の新高値をつけ、史上最高値を更新した。2020年初めから現在までにテンセントの株価は累計で40%以上上昇しており、今年最安値からの上げ幅は63%に達している。 時価総額は7月3日時点で5兆香港ドル(約69兆4000億円)を突破し、香港市場におけるアリババの時価総額4兆7400億香港ドル(約65兆8000億円)を超え、中国A株のスター企業・酒造大手の貴州茅台(Kweichow Moutai)の2.4倍、IT御三家の一つである百度(バイドゥ)の15.2倍に達した。

株式市場の活況とゲーム事業の飛躍

テンセントの株価上昇は、マクロ環境の影響によるものであると同時に、同社自体の事業成果によるものでもある。 マクロ環境では市場のムードが好転している。海外では米国市場が活況を取り戻し、ナスダック総合指数も最高値を更新した。株価指数の上昇に伴い、ほぼ全ての中国概念株が急激に値を上げ、上げ幅は50%以上となった。 企業経営面ではゲーム事業の急成長がテンセントの株価上昇を後押しする要因となっている。新型コロナウイルスによって巣ごもり経済が拡大する中、テンセントのチームストラテジーゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」、バトルロイヤルゲーム「和平精英(Game For Peace)」とその海外版「PUBG MOBILE」、アクションシューティングゲーム「使命召喚(Call of Duty)」などのモバイルゲームが好調で、売上記録を更新し続けている。米調査会社「Sensor Tower」が発表した2020年上半期の全世界モバイルアプリランキングによると、PUBG Mobileが世界最高売上を達成し、王者栄耀が第2位にランクインした。

【関連記事】