Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

意外と知られていない、英国王室から「称号」を授与されたセレブ

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

毎年、英国王室のエリザベス女王は、慈善活動、音楽、芸術、演劇などに対する奉仕に基づいて何百人もの人々に勲章を授与する。それは、ナイト&デイム・グランド・クロス(GBE)、ナイト&デイム・コマンダー(KBE/DBE)、コマンダー(CBE)、オフィサー(OBE)、メンバー(MBE)という5つの勲位がある。このタイトルを区別するには少し混乱するかもしれないが、ハリウッドでよく知られている多くのセレブたちも彼らの活動によって命名されている。ここに、意外に知られていない英国王室の名誉を与えられたセレブを紹介しよう。 【写真】エリザベス女王に謁見したセレブたち

アデル

2013年、アデルはチャールズ皇子から大英帝国勲章を授与された。つまり、現在の彼女のフルネームはアデル・アドキンス MBEである。この賞は、騎士道に報いた慈善活動と公共奉仕を行なった者に与えられる。

デヴィッド・ベッカム

2003年、デヴィッド・ベッカムはエリザベス女王から大英帝国勲章(OBE)を授与された。彼は長い間、ユニセフをはじめとする子どもたちのヘルスケアをサポートしてきた。

アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリーは、紛争地域での性暴力をなくすための取り組みが評価され、2014年にエリザベス女王からデイムの称号を授与された。 彼女は、世界中の難民に会うために40か国以上を旅した。さらに著書『Notes from My Travels』を執筆、活動を記録した映画も製作した。

Translation: Chise Taguchi From Harper's BAZAAR.com

【関連記事】