Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「感染移行期前期」にフェーズ上げるべき 「病床数は逼迫していない」 静岡県の専門家会議

配信

静岡朝日テレビ

 新型コロナウイルスの感染拡大で、静岡県初のクラスターが発生する中、県の専門家会議が開かれ、今後の対策について協議されました。  きのう開かれた4回目の専門家会議では、主に熱海市のカラオケを伴う飲食店でおきた県内初の感染者の集団=クラスターについて議論されました。 直近の1週間で、感染者が14人以上出たことを受け、感染流行期について、「感染移行期前期」に一つフェーズ(段階)を上げるべきという意見でまとまりました。  県東部の医療機関での入院者数が増えていますが、県全体での病床数はひっ迫している状況ではない、ということです。