Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

衛星画像で久々に冬の雲見られる 北陸は市街地も雪に

配信

ウェザーニュース

 1月最終日の今日31日(金)の日本列島は冬型の気圧配置になっています。平地で雪が降る目安となる上空1500m付近で-6℃以下の寒気は、西日本まで南下。ここまで寒気が降りてくるのは、正月以来です。  ひまわり8号による衛星画像では、冬特有の日本海の筋状の雲がはっきりと表れています。  午前中は京都や岡山、松山で記録的に遅い初雪を観測。今月はほとんど雪が降っていない、富山など北陸地方の市街地でも雪に変わりました。

2月はじめは寒気が南下しやすい予想

 今回の寒気は明日2月1日(土)午後には北上する見込みです。来週4日(火)立春の頃からは再び寒気の南下が予想され、暦の上で春を迎えるタイミングで、少し冬らしさが増してきます。  ただ、冬型はあまり長くは続かず、スキー場の雪不足を一気に解消するまでには至りません。

ウェザーニュース

【関連記事】