Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『欅って、書けない?』先輩・佐藤詩織の不幸話に後輩大笑い! 欅坂46はすでに生まれ変わり始めているのかも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第77回となる今回の観測期間は8月3日(月)~8月9日(日)。      *     *     * 前々回のコラムでも触れましたが、最近の『欅って、書けない?』(テレビ東京)、確実に面白さが増していますよね? 8月9日(日)放送回の「有美子会長のベル争奪 欅坂46アンラッキー大賞」を見て改めてそれを感じました。 何より2期生・新2期生にバラエティ適性の高いメンバーが多い! 「アンラッキー大賞」では初っ端から増本綺良がトリッキーなキャラを炸裂させれば、やけに淡々と語る大沼晶保と早くもメモ魔キャラが定着した大園玲はしっかりとエピソードトークで楽しませてくれました。あとツボに入って大笑いする森田ひかるの動きもめちゃくちゃ可愛かったですね。 そして負けじと1期生・佐藤詩織がぶち込んだのは「留学するために休業発表したけど戻ってきちゃいました~♪」という最強の自虐エピソード! これにはさすがの“会長”こと関有美子も笑いをこらえきれず。でも「先輩の不幸に対して後輩が笑っちゃう」という構図が今の欅坂46の雰囲気の良さを表しているような気がして、ちょっとほっこりしました。 そもそも欅坂46は先日、オンラインライブにおいてキャプテン・菅井友香が涙声で苦悩を吐露し改名を発表したばかり。そんなタイミングで「アンラッキー大賞」などという企画をやるなんて……と筆者は最初思っていたのですが、番組を見る限りメンバーたちはもうすでに次のステップへ一歩踏み出しているんだろうなと感じました。次週の「真のお嬢様はどっちだ? 菅井様vs有美子会長」も面白そう!

ラストアイドルの新たな挑戦は「過去イチしんどい」

さて話は変わって、8月5日(水)放送『ラスアイ、よろしく!』(テレビ朝日)では、ラストアイドルに課せられた新ミッション「殺陣」の稽古がスタート。これまで団体行動や最高難度ダンスなど過酷な挑戦を続けてきた彼女たちですが、今回はそれらを乗り越えた間島和奏ですら「akane先生のダンスよりキツいかもしれない」、長月翠も「過去イチしんどいです、正直」とこぼすほど。そりゃダンスを踊るのに必要な体幹などは常日頃鍛えていたとしても、木刀を振るための腕力なんて鍛えていないだろうからみんな大変ですよね……。それなのに、いきなり素振りも足さばきも見事にこなして先生から高い評価を受けたセンター・阿部菜々実って、どれだけ完璧人間なんだ! この子には出来ないことがないのかしら……。 その他、『青春高校3年C組』(テレビ東京)では日比野芽奈扮するぶりっ子キャラ「桃山あすか」が以前から番組内で大きな爪跡を残しており、それを追うように新キャラも次々登場中。8月3日(月)放送回では背中に羽根の生えた天使「天使なぎさ」(黒木美佑)まで出現してキャラが大渋滞! というか、面白いから別にいいんですけどもはや「高校」っていう設定関係なくないですか!? 8月9日(日)に放送された『第1話 シーズン2』(朝日放送テレビ)の大家族ドラマ『小嶋家の人々』では主演・小嶋花梨の演技が抜群の安定感! そしてヤンキー少女役を演じた南羽諒のハマりっぷりも光りました。南に関しては昨年放送されたシーズン1の『極道なりたガール!』から演技力が格段にアップ。2人とも将来は女優への道、イケるかも!

左藤 豊

【関連記事】