Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産は今期業績未定に、コロナで先行き不透明、前期赤字に-関係者

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルスの感染収束が見通せない状況が続く中、日産自動車は28日、今期(2021年3月期)の業績見通しを未定とする方向だ。事情に詳しい関係者らが明らかにした。

日産は同日午後5時に決算発表を予定。事情に詳しい関係者3人が匿名を条件に話したところによると、今期の業績はコロナウイルスなどの影響が見通せないとして未定とする方向という。

一方、関係者の1人は前期(20年3月期)の純損失が、同社が経営危機に陥りルノーの救済出資を受けた後の2000年3月期(6844億円の赤字)以来の規模になり、少なくとも4000億円を上回る可能性があるとの見方を示した。

日産広報担当の百瀬梓氏はコメントを控えるとした。

日産は4月に前期の業績が従来予想より悪化するもようだと発表。前期の営業利益は従来予想値から1200億-1300億円程度、純利益は同1500億-1600億円程度それぞれ悪化する見通しで赤字転落の可能性が高いとの見通しを示していた。

同社は28日に新たな中期経営計画と前期の決算発表を予定している。

(c)2020 Bloomberg L.P.

Tsuyoshi Inajima, Masatsugu Horie

【関連記事】