Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“夏男”が6月開幕のキーマン!?過去3年で6・7月に強いパ打者

配信

デイリースポーツ

 新型コロナ感染拡大の影響で開幕が延期していたプロ野球は6月19日にスタートすることが決まった。そこで、過去3年の6&7月に好打率をマークしたパ・リーグ打者を比較。例年なら交流戦と重なる時期でもあり、一概に比較できない部分もあるが、夏に強い選手を見てみる。(規定打席以上、球団は当時)  まず過去3年の6月に好打率だった打者は以下の通り。 【2017年】 (1)ロメロ(オリックス)=打率・372 (2)西川(日本ハム)=打率・368 (3)武田(オリックス)=打率・364 (4)柳田(ソフトバンク)=打率・363 (5)松本(日本ハム)=打率・338 【2018年】 (1)角中(ロッテ)=打率・395 (2)吉田正(オリックス)=打率・375 (3)近藤(日本ハム)=打率・373 (4)秋山(西武)=打率・365 (5)荻野(ロッテ)=打率・360 【2019年】 (1)中川(オリックス)=打率・360 (2)ブラッシュ(楽天)=打率・355 (3)荻野(ロッテ)=打率・348 (4)鈴木(ロッテ)=打率・344 (5)吉田正(オリックス)=打率・337  荻野が18、19年の2年で好成績。吉田正も同様で、後述するが、昨季7月も打率・357だった。  続いて過去3年の7月は以下の通り。 【2017年】 (1)柳田(ソフトバンク)=打率・393 (2)ペゲーロ(楽天)=打率・386 (3)銀次(楽天)=打率・364 (4)秋山(西武)=打率・351 (5)浅村(西武)=打率・337 【2018年】 (1)井上(ロッテ)=打率・400 (2)柳田(ソフトバンク)=打率・392 (3)浅村(西武)=打率・378 (4)牧原(ソフトバンク)=打率・375 (5)山川(西武)=打率・347 【2019年】 (1)吉田正(オリックス)=打率・357 (2)茂木(楽天)=打率・326 (3)鈴木(ロッテ)=打率・322 (4)近藤(日本ハム)=打率・312 (5)銀次(楽天)=打率・294  柳田は17、18年で4割近いアベレージ。昨季は4月7日・ロッテ戦で発症した左膝裏の肉離れで戦線を離れ、1軍復帰したのは8月だった。  銀次は17、19年に好成績。18年も、上位5人に入っていないものの、打率・320を記録している。浅村も17、18年に好数字。楽天移籍初年度だった19年は打率・234だった。  春先より夏場に調子を上げる選手の中には、花粉症の症状が治まるから、という声もある。  今季開幕は、例年ならシーズンスタートから約3カ月がたつ時期。単純比較は難しいが、それも踏まえて、今季の“夏開幕”が各打者にどのような影響をもたらすか興味深い。(デイリースポーツ記録係)

【関連記事】