Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「これは画期的!」目から鱗の超絶インパクトを残すも広まらなかったクルマの装備5選

配信

WEB CARTOP

便利だから広まるとは限らない!

 自動車の技術、装備には、インパクト十分に登場したものの、その後、なにかしらの理由で使われなくなったり、ライバルメーカーがいっこうに追従しないものがある。 【写真】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選  古くは、スバルのワゴン系に採用されていた、ラゲッジルームの換気扇があった。採用の目的は、魚釣りに出掛けた際、釣った魚をラゲッジルームに積んでも、生臭い臭いが解消できる……と記憶している。が、その後、アウトドア全盛の時代になっても、採用なし。理由は、おそらく、それほど効果がなかったのと、換気扇が発する騒音が受け入れられなかったと推測する。当時、ラゲッジにペットを乗せている愛犬家にも、ペット臭の消臭機能として一瞬、いいと思えたのだが、わが家の初代自称自動車評論犬!? ゴールデンレトリーバーによれば、犬は聴覚に優れているため、やはりノイジーわん!! というダメだしがあった。  ノイズ、という点では、スズキ・スペーシアや、最近では日産ルークスなどに採用されている、後席天井に設置されたサーキュレーターがある。たしかに、容量系軽自動車の車内空間は広すぎるほど広く、インパネのエアコン吹き出し口からの冷風だけでは、車内を均一に冷やせない。後席に幼児を乗せる機会も多い、この種の軽自動車では、子供の熱中症も心配だけに、個人的にはあっていい快適装備に思える。  が、ホンダN-BOXやダイハツ・タントには採用されていない。なぜ、追従しないのか。そのひとつの答えが、タントに開発陣から聞いたこの理由だ。 「リヤサーキュレーターの問題点として、やはり騒音があります。それが、頭のすぐ上にあり、お客様からのクレームになりやすいのです」。なるほど、そこで改めて、スペーシアとルークスの後席に座り、リヤサーキュレーターをONにしてみた。風量調節は4段階あり、1/2段階目では、停車中でもほぼ気にならないレベル。走行中ならまったく気にならない。が、3/4段階の強風!? にすると、走行中でもウィーン、ブィーンというノイズが耳につくようになる。もっとも、暑さとどっちを取るか? と言われれば涼しいほうがいいに決まっていそうだが、ユーザーのなかにはそれをよしとしない人もいて、タントはあきらめたのだろう。  かつて、ミニバンに採用されていた消臭天井も今ではみかけない。天井の内張りに消臭効果のある素材を使っていたと記憶するが、これもまた効果が実感しにくい技術、装備だったかもしれない。禁煙ブームの今では、あったとしてもそれほど歓迎されないはずだ。もちろん、コスト的にもそのぶん低減できるのだ。

【関連記事】