Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西荻窪で「わたしのファミカセ展」 ファミカセのラベルをキャンバスに

配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 西荻窪の「METEOR(メテオ)」(杉並区西荻北2)で現在、「わたしのファミカセ展 2020」が開催されている。ファミコンのカセット=ファミカセのラベルをキャンバスに、クリエーターが「夢のゲームカセット」をデザインする。同展は2005年にスタート。年1回の開催を重ね、今回で16回目を迎えた。(高円寺経済新聞) 【写真】ポスターと投票用紙  店内の壁面に展示する作品は国内外から応募のあった270本。観覧者はお気に入りの上位3本を選んで投票する。作品は自由に手に取ることができ、裏面には作品のストーリーやアーティストの情報が掲載されている。  同展はこれまでゴールデンウイークに合わせて開催してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で会期を延長。店主の坂上聡之さんは「今回は特に会期を定めていないが、7月いっぱいは開催したい」と話し、来店の際はマスクの着用、手指のアルコール消毒、一定の距離を保つなどの協力を呼び掛ける。  同展に展示されている作品は特設サイトでも閲覧可能。店内では全作品を掲載した図録(1430円)も販売する。  開催時間は13時~21時。水曜定休。入場無料。  同店内では「謎の店」(中野区中野5)とのコラボ企画「ナゾメテ にんげんの店」スタンプラリーも開催中。各店で500円以上買い物をして両店のスタンプを集めると先着でオリジナルステッカーをプレゼントする。無くなり次第終了。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】