Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジカン新曲に羊文学・塩塚モエカ参加、バンド続けるきっかけとなった「ソラニン」の思い出語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
音楽ナタリー

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「触れたい 確かめたい」に塩塚モエカ(羊文学)が参加することが発表された。 【写真】塩塚モエカ(羊文学)(メディアギャラリー他1件) 「触れたい 確かめたい」は10月7日にリリースされるニューシングル「ダイアローグ / 触れたい 確かめたい」の収録曲。ボーカルで参加する塩塚は「高一の春、5人いたメンバーがパタパタ辞めて3人になったとき。果たしてバンドを続けるか否か、高校近くのマックで当時のメンバーと話し合いました。そのとき今に至る決断をするきっかけになったのは、映画で見た『ソラニン』を3人で演奏してみたい、という気持ちでした」とアジカンにまつわる思い出を振り返りつつ、「長い間尊敬してきたアジカンの皆さんからこんなに繊細で美しい曲でお誘いをいただける日が来るなんて」と喜びをつづっている。 塩塚モエカ(羊文学)コメント この曲に参加できたことをとても嬉しく思います。 歌った時の胸の響きや、曲によって語られる心の動きは、 私にぴったりあっていてとても心地よかったです。 高一の春、5人いたメンバーがパタパタ辞めて3人になったとき。 果たしてバンドを続けるか否か、高校近くのマックで当時のメンバーと話し合いました。 そのとき今に至る決断をするきっかけになったのは、 映画で見た「ソラニン」を3人で演奏してみたい、という気持ちでした。 それから9年ぐらいたってその頃のメンバーはもういないけれど、 長い間尊敬してきたアジカンの皆さんから こんなに繊細で美しい曲でお誘いをいただける日が来るなんて。 大切に歌ったので、ぜひお聴きください。

【関連記事】