Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ救済措置拡大を 上峰町商工会、町に要望書

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
佐賀新聞

 上峰町商工会(中山博樹会長)は、新型コロナウイルスの感染拡大の長期化により町内事業者が疲弊しているとして、同町に特段の救済措置を求める要望書を提出した。武広勇平町長は「しっかりと取り組んでいきたい」と応じた。  要望書では、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が激減し、小規模事業者などが危機的状況にあると説明。小規模事業者が地域に果たす役割の重要性を訴え、救済措置の検討を求めている。要望は7項目あり、中小企業・小規模企業等応援給付金事業の拡大や、町内で使えるクーポン券の発行などを提案している。  中山会長は「これまでもさまざまな支援があったが、そこから漏れた事業者もいる。支援の範囲を広げてほしい」と期待。武広町長は「急場を支えるために、商工会と協力しながらしっかり取り組みたい」と気を引き締めた。(瀬戸健太郎)

【関連記事】