Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ジブリの“大じゃない”博覧会」7月22日より愛知で開催 「アーヤと魔女」やジブリパークの資料など展示

配信

シネマトゥデイ

 スタジオジブリの新イベント「ジブリの“大じゃない”博覧会」が、7月22日から9月3日まで愛知県美術館ギャラリーで開催される。展示されるのは、NHK総合で今冬放送予定の宮崎駿企画、宮崎吾朗監督による長編アニメーション「アーヤと魔女」と、2年後に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開業する公園施設「ジブリパーク」の未公開資料など。公益財団法人日本博物館協会の「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」や愛知県の「県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」に基づき開催される。 【写真】ジブリ初、全編3DCG!「アーヤと魔女」  本イベントは、新型コロナウイルスで息詰まる社会に明るい話題を提供するために企画された“愛知限定”のもの。カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション2020」に選出された「アーヤと魔女」の主役アーヤをはじめ登場キャラクターの人形、宮崎吾朗監督が総合プロデューサーとしてジブリの世界観を演出する「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなども紹介する。

 そのほかジブリのこれまでを振り返るコーナーもあり、記念写真コーナーでは「三鷹の森ジブリ美術館」から「ネコバス」を展示。『天空の城ラピュタ』『紅の豚』『ハウルの動く城』『かぐや姫の物語』などの名場面を背景に撮影できる。『千と千尋の神隠し』コーナーでは、巨大な「湯婆婆」と「銭婆」のおみくじが登場。宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文コーナーも設けられる。  三密を避けるため、入場券は日時指定入場制。8月10日までの入場分を7月4日午前10時から、8月12日以降の入場分を7月18日午前10時から、ローソンチケットで発売する。開催時間は午前10時から午後6時、金曜は午後8時まで(入場は閉場30分前まで)。月曜(祝日の場合は翌日)は休館。コロナ対策は特設サイト(https://www.ghibli-daijanaiexpo.jp/attention/)で確認。

【関連記事】