Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今村司「これからは『熱狂声援型』から『快適体感型』へと応援形式も変わっていくはず」――野球の言葉学【全文公開】

記事提供終了日:

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
今村司「これからは『熱狂声援型』から『快適体感型』へと応援形式も変わっていくはず」――野球の言葉学【全文公開】

昨年6月から現職

 東京ドームが約100億円の経費をかけて大改修を行うことが発表された。  1988年に開場した東京ドームは、今年で開場32年。近年のボールパークブームからは乗り遅れた旧式な野球場となってしまった感は否めない。  内部気圧を0.3%高くして天井を持ち上げる構造は、米・ミネアポリスにあったメトロドームをお手本にしているが、本家は開場32年の2014年に取り壊しとなっている。ドームの耐用年数は約30年といわれ、この「30年問題」は東京ドームを本拠地にする巨人にとっても懸案事項だったのである。

本文:1,370文字

写真:2
  • 築地市場跡地の再開発は一向に進まない

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込220
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

鷲田 康/週刊文春 2020年8月6日号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます