Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたが一番好きな猫の種類はどれですか?

配信

ねとらぼ

 マイペースでツンデレなイメージがある猫。そんな猫の魅力にどっぷりハマっている人も多いのではないでしょうか。もしかしたら、これから猫を家族に迎えたいと思っている人もいるかもしれませんね。そこで、ねとらぼ調査隊では、「好きな猫の種類アンケート」を実施しています。猫を飼っている人はもちろん、猫が大好きなみなさん、ぜひ参加してくださいね。 【画像:ランキングを見る】  それでは、アンケート対象となっている猫の種類を紹介します。

●日本猫

 「ジャパニーズボブテイル」の名が付く、日本で最も馴染みの深い猫です。短い尻尾や、尻尾の先が曲がった「かぎしっぽ」などが特徴。ただし、現在日本で多く飼われているのは純血の日本猫ではありません。厳密にいうと日本猫の血が混じった雑種です。

●混血種

 「雑種猫」や「ハーフ猫」とも呼ばれる猫です。最近では、純血種を掛け合わせて「ミックス猫」として販売するペットショップも増えています。「トラ猫」や「三毛猫」なども日本猫の血を受け継いだ混血種です。

●スコティッシュ・フォールド

 英語で「スコットランドの折れ曲がり」という意味をもつ、通称「スコ」は、前に折れた耳が可愛らしい猫です。生来の愛され猫で、多くの人が動画サイトなどに自身の飼いスコをアップしていますね。

●マンチカン

 なんといっても、短い足がチャームポイント。お尻をフリフリしながら歩く姿にキュンキュンする人も多いのでは? どことなく危なっかしい歩き方が、見守る側を不安にさせますが、実は、見た目に反して運動神経抜群の猫だったりします。

●アメリカン・ショートヘア

 うずまき模様が美しいアメショーは、北米で最も古い飼い猫だといわれています。目尻から伸びる「クレオパトラライン」も特徴の1つです。2010年代に起こった猫ブーム以前では、ブランド猫としては代表的な品種でした。

●ブリティッシュ・ショートヘア

 大きな丸顔に、小さい耳、少し離れた目が特徴の猫です。首や足が太くて短いところが強く印象に残ります。どっしりと貫禄がある子や、ボテッとしたほっぺが、やる気のなさを演出する子、目つきの悪さがかわいい子などが多い気がします。

【関連記事】