Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イチローの“背面キャッチ”からさかのぼる阪急の“ヘソ伝”/プロ野球20世紀・不屈の物語【1994~2000&1937~48年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

イチロー、本西、山森、福本……

 守備のパフォーマンスにおいて、外野手は内野手に比べて分が悪いのかもしれない。ファンを沸かせることを強く意識した守備で鳴らした野手は、巨人の長嶋茂雄を筆頭に、内野手が多い。パフォーマンスを優先してしまうと、エラーのリスクも高まっていく。内野手のエラーよりも、外野手のエラーのほうが走者を進めてしまう危険性もある。ちょっとしたパフォーマンスはおろか、ファンが思わず腰を上げるようなトリックプレーを試合で敢行するハードルは高い。  一方、試合の合間などに、オリックスのイチローが背中に回したグラブで捕球する、いわゆる背面キャッチでファンを盛り上げたのは1990年代のこと。もともと守備のパフォーマンスに対する意識は高く、「正面で捕るのは大変なんですけど、ファンからはイージーに見える。それよりは、ちょっとバランスを崩してヒザ元で捕るようなプレーのほうが絶対うまく見えます」と言っていたこともあった。だが、そんなことを試合でやろうものなら、外野陣の“ボス”本西厚博が「小僧、試合で遊んでんじゃねぇ」とばかりにギロリ。本西はオリックスの前身、やはり鉄壁の外野陣を誇った阪急で鍛えられた男。阪急では70年代から中堅の福本豊がダイヤモンド・グラブ賞(現在のゴールデン・グラブ賞)の常連で、78年には外野はおろか、一塁を除く8ポジションを阪急の選手が占めたほどの堅守のチームでもあった。  その福本に鍛えられ、後継者になったのが本西。そんな職人にとって、ファンを喜ばせようとしたこととはいえ、若きイチローのパフォーマンスが浅薄に見えたのは当然のことなのかもしれない。阪急には、81年にフェンスを駆け上がって本塁打になるはずの打球を好捕、86年に野球の本場でもあるアメリカの殿堂にも入った山森雅文もいた。難しい打球をさばくビッグプレーこそ最大のパフォーマンス、これが外野手の本分。そんな本西の声が聞こえてきそうだ。  イチローの守備も次第に堅実さを優先するようになり、そのパフォーマンスはファンにとっては練習での楽しみに限られ、背面キャッチなどのトリックプレーを試合で見ることはできなかった。この姿勢は正しい。ただ、正し過ぎるが故に、思慮の浅い少年に戻って言えば、それを試合で見たかったようにも思う。だが、プロ野球の長い歴史で、試合でトリックプレーを敢行した外野手は誰ひとり……いや、いる。それも、草創期の阪急に。

【関連記事】