Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 試練の年である。センバツに続いて、夏の甲子園大会も中止になった。そのうえ、新型コロナウイルス感染者が圧倒的に多い東京は、休校が続き、練習もままならなかった。それでも関係者の尽力と、加盟校の熱意により、東東京122チーム、西東京121チームが参加して、夏季東西東京都高校野球大会が開催されることになり、7月4日、三鷹市のJ:COMのスタジオで組み合わせ抽選会が行われた。 【トーナメント表】八王子vs早稲田実が実現など初戦から激アツ!西東京独自大会の組み合わせ  投球数制限が導入されるなど、新ルールが適用されるほか、試合時間は2時間20分を超えたら新しいイニングに入らない、試合ごとにベンチ入り20人の入れ替えが可能になるなど、本大会の特別ルールもある。  さらに東西のベスト8は、秋季都大会でシードされることも、今年度から初めて適用される。甲子園にこそ、つながらないものの、熱い戦いが予想される東西東京大会を展望する。今回は西東京だ。

早実・八王子など1回戦から好カード

 西東京大会は早稲田実業・八王子、佼成学園・國學院久我山というビッグカードが1回戦から登場する。  八王子・早稲田実業は2年前の夏の4回戦で対戦し、この時は八王子が勝っている。さらに3年前の夏は早稲田実業が勝ち、4年前は八王子が勝ち、5年前は早稲田実業が勝つといったように、昨年を除き、夏は4年連続で対戦し2勝2敗と互角の戦いになっている。順番からいえば、早稲田実業の勝利となるが、西暦の偶数年は八王子が勝っている。  今回の八王子はエース・溝口雄大を中心にまとまっており、実力はシード校と遜色ない。  早稲田実業は秋季大会を辞退したため、この代は、公式戦を経験しないまま夏を迎えた。それでも清宮 幸太郎(日本ハム)の弟・福太郎らがおり、実力がある。  1回戦屈指の好カードに勝ったチームは、帝京八王子と八王子実践という八王子対決の勝者と対戦する。帝京八王子は昨夏、八王子に勝っている。また八王子実践には、やや粗削りながら、注目の投手である後藤結人がおり、どちらが勝っても侮れない相手だ。  またこの試合の勝者が4回戦で対戦するブロックには、シード校の明大中野八王子と昭和一学園がいる。明大中野八王子はエースで主将の江口陽太を中心にまとまっており、秋は二松学舎大附に勝っている。昭和一学園は、秋は1次予選で敗れたものの、館 慎太郎、風戸 佑斗という、2人の好投手がいる。  そのため、明大中野八王子がシードされたブロックは、かなりの激戦区だ。  昨夏優勝の國學院久我山は甲子園に出場した分、新チームの結成が遅れ、秋はチームの形成途上の感じだったが、攻撃力はある。佼成学園は平澤燎らの投手陣が安定。佼成学園の練習場は西永福駅の近くにあり、井の頭線対決は、國學院久我山の攻と佼成学園の守の対決か。  この試合の勝者が4回戦まで勝ち上がった時に対戦するブロックには、都立武蔵野北、錦城などがいる。都立武蔵野北は、秋は1次予選で敗れたものの、エースの一井日向汰は、1次予選の2試合で奪三振24を記録している。また錦城の甲斐瑞輝は、秋の1次予選で日大三を苦しめた。

【関連記事】