Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Adobe Creative Cloudのビデオ製品がアップデート 「Premiere Pro」「Afert Effects」に新機能搭載

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia PC USER

 Adobe(アドビ)は9月15日、有料サブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud(Adobe CC)」を構成するビデオ編集アプリ「Premiere Pro」とモーショングラフィックス作成アプリ「After Effects」をバージョンアップした。新バージョンのアプリは、Adobe CCのデスクトップアプリを介してダウンロードできる。 Adobe Senseiを使って動画の編集点を迅速に発見可能

Premiere Proの新機能

 Premiere Proにおける新機能は以下の通り。 ・クイック書き出し(パブリックβ実装):良く使う書き出し設定をヘッダーバーにプリセットしてすぐ呼び出せるように ・シーン編集検出:Adobe Sensei(機械学習に基づくAI)を活用してビデオシーケンスの編集点を自動検出して頭出し可能に ・放送向けHDR:「Rec2100 HLG HDR」形式で動画を書き出す機能の追加  その他、以下の改善が行われる。 ・VST2/VST3プラグインのエフェクトスキャンの高速化(Windows版で最大10倍、macOS版で最大15倍高速化) ・ProResマルチカメラ編集のパフォーマンス向上(最大2倍のストリームをサポート)

After Effectsの新機能

 After Effectsでは、パブリックβ実装として以下の機能が追加される。 ・3Dトランスフォームギズモ:シーンを高速かつ直感的にナビゲートできるように ・カメラナビゲーションツール:カメラの移動や切り替えを迅速に行えるように  その他、以下の改善が行われる・ ・チャンネルエフェクトのGPUアクセラレーション対応(最大1.65倍高速化) ・OpenEXRのプレビューの高速化(最大3倍)

ITmedia PC USER

【関連記事】