Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中村倫也、“子犬”のように懐く佐藤寛太は「面白いし、かわいい」<「美食探偵 明智五郎」連載>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

抜群の推理力がありながら、“食”へのこだわりが強すぎて周囲をかき回していく探偵・明智五郎の姿を描くドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)。そんな変わり者の主人公を取り囲む脇役キャラクターもくせ者ぞろい(!?)で、主演の中村倫也も「皆さん、“リミッター解除”みたいなお芝居をしてくださる」とうれしそうに明かすなど、俳優陣の裏ネタも聞かせてくれた。 【写真を見る】エプロン&ブレザー姿の次は…無精ひげ&ボサボサ髪の明智五郎(中村倫也) ■ いろいろなアイデアを持ち寄ってくださる まず、ドラマの設定上、“ちょっと残念な男”という形容詞がつけられている警視庁捜査一課のベテラン刑事・上遠野(北村有起哉)。明智の存在を疎ましく思いながらも、結局は頼ってしまう刑事を、北村が陽気に、面白く演じている。 「いい意味で、“適当”というのも必要だと思うのですが、今回の現場では悪い方の適当な人がいないんですよね。有起哉さんもそうですが、皆さん『こうやっておけばいいんでしょう?』というスキルを持っている方ばかりなのに、あえて“リミッター解除”みたいなお芝居をしてくださって。それが明智を演じる僕としては、現場の一番の楽しみでもあります。 それとこないだの空き時間はずっと誰が一番、勝新太郎さんの座頭市ぽくできるかを競い合う『座頭市』ごっこしていて。有起哉さんがやったら、写楽の浮世絵みたいになっていて、あれはかなりおかしかった(笑)」 そして、老舗デパート「扇谷百貨店」の御曹司でもある明智のファミリー役の俳優たちも実力派ぞろい。第2話から登場した明智の母・寿々栄は、財前直見が演じている。 「共演者には大先輩方が多くて。その上、皆さんが作品を面白くしようと、毎回現場にいろいろなアイデアを持ち寄ってくださるんです。それは主演という真ん中を務めている僕としては本当にうれしく。先輩たちがそうやって現場で遊んでくださっているのを見るのはありがたいことだと思っています」 ■ “根っこの部分”が素晴らしい人ばかり そんな中、中村が個人的に注目している人物がいるとか。 「明智家の執事を演じているモロ師岡さん。役柄上、衣装は燕尾服なのですが、誰よりも帰り支度が早いんですよね。『このシーンは以上です』というスタッフの『このシーン~』ぐらいのタイミングで、マイクを外しているんじゃないかと(笑)。気づけばその場からいなくなっていて、師岡さんの現場から消えるスピードは尋常じゃないと思います(笑)」 そんなベテラン&実力派ぞろいの中、苺役の小芝風花と並ぶ若手として注目なのが、上遠野の部下にして、明智に好意を抱く新米刑事・高橋を演じる佐藤寛太。上司の上遠野よりも明智の指示に従う“明智LOVE”な男で、彼の明智に対する愛情表現、そして明智のそばにいる苺に対しての嫉妬心など、その姿はまるで子犬のようでかわいい。 「寛太は面白いやつですよ。久しぶりに“陽気なバカ”を見たというか(笑)。彼が劇中で演じている高橋もそうですけど、それこそ寛太も子犬のようにフリスビーを投げたら何百回も走って取ってきそうな感じがしますね(笑)。疲れ知らずのところがあって、かわいいなと思うし、一緒に仕事をしていて楽しいです」 そんな佐藤を含め、共演者に感じるのは、人間としての“根っこの部分”のよさだとか。 「寛太もそうですけど、皆さん“根っこの部分”が素晴らしい人ばかりなんですよね。だから、共演していて楽しい。“根っこの部分”が悪いのは、多分僕だけだと思います(笑)。現場がうまくいっているのは、まさに“根っこの部分のいい”皆さんのおかげです!」 ■ 明智自身もとんでもない危機にさらされます 5月10日(日)放送の第5話では、刑事・上遠野の娘、小春<※演じているのは「義母と娘のブルース」(2018年TBS系)で注目を集めた子役・横溝菜帆>がマリアの標的に。さらに、翌週5月17日(日)放送の第6話では、本人の意志を無視して行われた明智のお見合いの席で事件が起きてしまい…。 「第5話は、事件うんぬんが切ないだけでなく、明智自身もとんでもない危機にさらされます。そして第6話は…。普通、ドラマはあってもひと山、ふた山だと思うのですが、第6話はそれをはるかに超える山があって、ちょっと見たことがないドラマになっていると思います。明智とは全くタイプの異なる弟も登場するので、そこも楽しみにしていてください!」 ■ 5月10日(日)放送の第5話あらすじ 元気のない明智(中村倫也)を見た苺(小芝風花)は、明智を買い物に連れ出すことに。するとそこで、離婚した妻と暮らす娘の小春と一緒にいる刑事・上遠野に出会う。だが、事件の呼び出しで現場に向かうことになった上遠野の代わりに、明智と苺は小春を預かることに。しかし、小春にはマリアとの意外な接点があり、やがて明智を窮地に追い込む事件が起こる。 ■ 5月17日(日)放送の第6話あらすじ 一流デパート“扇谷百貨店”社長の御曹司でもある明智にお見合いの話が。その相手は、明智の母・寿々栄から頼まれた扇谷百貨店の伊藤常務による紹介の社長令嬢・紗英だった。しかし、そのお見合い現場でまたしても事件が起きてしまう。(ザテレビジョン)

【関連記事】