Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インスタグラムの新機能、「リール」がローンチ:まずはコミュニティの構築が最優先

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

インスタグラムは、TikTokに対抗すべく生み出されたリール(Reels)を、米国とそのほか50の市場で今週ローンチすると発表した。リールは、アプリの「発見(explore)」タブから閲覧することができ、現在のところ広告は掲載されていない。専門家によるとこの背景には、マネタイズを試みる前に、アプリ上での体験やコンテンツを育成するという意図的な戦略があるのだという。 ユーザーはリールを活用すれば、15秒間の動画を作成し、音楽や特殊効果を付けて編集することができる。TikTokの「レコメンド」と同様、リールの重点は新しいコンテンツを発見することだ。ユーザーは企業アカウントも含め、多くのインスタグラム視聴者とリールのコンテンツを共有することができるという。 しかし、インスタグラムとFacebookの広告に慣れている企業は、いくつかの重要な違いを認識しておく必要がある。というのも、あるエージェンシーのバイヤーによると、リールはまだ、エージェンシーに広く売り込まれていないという。このバイヤーによると、「インスタグラムはまずコミュニティの構築に取り組んでいる」という。

マネタイズはまだ先

現在のところ、リールには広告枠がない。これはユーザーを集める上で、TikTokとの差別化の重要なポイントになるかもしれない。広告主やインフルエンサーは料金を払って、動画をブーストさせたり、インスタグラムの社員が選んだ 「featured」 セクションに表示させることはできない。また、インスタグラムのメインフィードでは、インフルエンサーがプロモーションのために、広告主から支払いを受けていることを示す、ブランドデッドコンテンツタグがあるのに対し、現状リールではそれが存在しない。 また、ビジネスアカウントを使用する場合、ストーリーズ(Stories)のようにコンテンツを作成することは可能だが、ライセンス制限があるため、音楽ライブラリにはアクセスできない。 「我々は現在、リールでの体験をユーザーやクリエイターにとって素晴らしいものにすることに注力している。しかし、将来的には収益化の機会を期待している」と、インスタグラムの広報担当者は述べる。また、ブランドデットコンテンツタグについても、「今後、統合する予定だ」と付け加えた。なお、動向に詳しい関係者によると、広告主、エージェンシー、パブリッシャーは、リールの最新トレンドやクリエイターを紹介する定期ニュースレターにアクセスできるという。 リールのグローバルローンチは、米国と中国の政治的対立の激化に巻き込まれ、困難な時期を迎えているTikTokにとって悩みの種になり得る。トランプ大統領は、TikTokの親会社であるバイトダンス(ByteDance)に対し、9月15日までに米国でTikTokの買い手を見つけるか、さもなくば米国でのTikTokの使用を禁止するという姿勢を見せている。しかし、アプリの禁止が法的にどのように機能するかの正確な詳細は、実のところまだ不明である。また、マイクロソフト(Microsoft)は、米国でTikTokを買収し、同アプリを米国とカナダ、オーストラリア、ニュージーランドで運用することを協議中であると認めている。

【関連記事】