Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレワークにおける従業員管理のポイント、ベテランは「健康変化の兆候を見逃すこと」に不安【リクルートMS調べ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

リクルートマネジメントソリューションズ(リクルートMS)の組織行動研究所は、「テレワーク緊急実態調査」を実施した。「テレワーク環境下で、ビジネスパーソンに必要なスキル」「それがすでに身に付けられているかどうか」「テレワーク環境下において、管理職が不安に感じていること」「逆に機会と感じていること」などについて、従業員規模300名以上の企業に勤務する、一般社員・管理職から回答を得ている(販売系/営業系/企画・事務系/開発系)。  

テレワーク経験者は3割弱、終日より一部の人が多い

この調査では、テレワークの形態を「終日の業務」「数時間から半日程度の業務」「メール・資料確認などごく一部の業務」の3つに分類。その結果、テレワーク経験者は3割弱で、「ごく一部の業務」とした人の割合が多かった。一般社員・管理職の比較では管理職のほうが高い。また、所属企業の従業員規模では規模が大きいほうが、経験者率が高かった。なお、職務系統別にみると「販売系」の経験率が、他職種の半分~3分の1以下と特に低い。  

マネジメントの不安は「チームビルディング」、ベテランは「健康変化の兆候を見逃すこと」に注目

「テレワーク下のマネジメントの不安」「テレワーク下のマネジメントの機会」について管理職に聞くと、テレワーク経験あり・なしにかかわらず、多くの管理職が多様な不安をいだいていることが明らかとなった。どの項目も半数を超えるが、とくに「部下とのコミュニケーションが減り、チームビルディングが出来ないと感じる」という声が多かった。テレワーク経験あり・なしで見ると、テレワーク経験のある管理者ほど、「部下の心身の健康について、悪化の兆候を見逃してしまうこと」を不安に感じていた(経験あり66.8%、経験なし61.4%)。

一方、「テレワーク下のマネジメントの機会」という観点では、「部下がワーク・ライフ・バランスを改善するいい機会だと思う」という意見が多数派。経験あり管理職ほどポジティブに捉えており、すべての項目で、経験なし管理職を上回る。実体験で不安は解消されないが、機会として捉えるという管理職が多いことがわかる。