Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

医学部受験の小論文…「将来の医学生に相応しい」内容とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

長期に渡る医学部受験。わが子はしっかり勉強しているのか、今年こそ合格できるのか…心配が積もるばかりです。最新の大学情報・勉強法・メンタルケアの方法を知り、親子ともども、来たる日に備えましょう。医学部受験の最新情報を配信する『集中メディカ』より、厳選した記事をお届けする本連載。今回のテーマは、「小論文対策」。

「医師に相応しい人格者」を見抜くための試験

医学部受験では、医師としての資質を見極めるために小論文試験が実施されています。「学力試験で合格点を取ればいいんでしょ」と考える受験生は多いものですが、そうではありません。医師に相応しい人格者でないと、医学部には入れないのです。 当然、「思いのまま書けばよい」という考えは禁物です。医師は人の生命を預かる重大な職務ですから、強い責任感と倫理性が求められます。学力のみならず、受験生の人間性を知るために小論文試験があるということを心得てください。 ◆医学部「小論文試験」の基本スタイル 小論文テーマの出題傾向は各医学部さまざま。多くの受験生は併願をするため、大学ごとに多角的な対策が必要です。とはいえ、医学部小論文試験の出題形式をカテゴライズすることは可能です。以下にその典型的なスタイルを紹介します。 ・文字数:600~800字、多い場合は1200字程度 ・試験時間:60~90分 ・文体:論述形式(課題文型、またはテーマ型<絵・写真を含む>など) 「課題文型」は、書籍や新聞記事からの抜粋された課題文を読み、それについて論じる形式のことをいいます。「テーマ型」は、あらかじめ大学側が設定したテーマについて論じる形式です。 次に、文章全体のまとめ方について説明します。物語に「起承転結」があるように、小論文にも序論→本論→結論と段階を踏むセオリーがあります。 ・序論:与えられた課題やテーマに対するファーストインプレッション、そしてそこから発想できる「疑問」や「問い」を書きます。 ・本論:課題やテーマについての全容や背景を語り、次に序論で掲げた「疑問」や「問い」に関する事象や問題点、今後の課題について書きます。 ・結論:本論で掲げた課題についての解決策を具体的に書きます。

【関連記事】