Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

月収8億超えのYouTuberは6歳の女の子!世界各国で最も人気のYouTuberをマップにしてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FINDERS

世界中で毎分500時間分もの動画がアップロードされるYouTube。スマホの普及も後押しし、今やSNS時代の覇権を握るプラットフォームとなった。そんなYouTubeの一線で活躍するYouTuberは、世界中で新たな成功を築き上げている。果たして、世界中でどんなYouTuberが活躍しているのだろうか? 『Top Dollar』は、それぞれの国で最も人気のYouTuberを掲載したマップを制作。また、YouTubeの統計情報を分析するSocial BladeとVidolyのデータを元に割り出した、それぞれのYouTuberの推定収入とともに紹介する。

登録者数1億600万人、世界一のYouTuber

現在、世界で最も人気のYouTuberは、イギリスで活動しているスウェーデン出身の「PewDiePie(ピューディパイ)」こと、フェーリックス・アルヴィッド・ウルフ・シェルベリさん(30歳)。現在の登録者数はなんと1億600万人と驚異の数字。1日の平均再生回数は1119万回にも上り、推定月収は116万ドル(約1億2250万円)。2010年からYouTubeの動画投稿を開始し、ゲーム実況やレビュー動画で人気を獲得。昨年8月には個人のYouTubeチャンネルとしては初となる登録者数1億人を達成した。昨年10月には、日本に住む夢を叶えるべく、家を購入したと告白した。

アメリカ一のYouTuberが動画投稿を始めた理由

アメリカで最も人気のYouTuberはアナスタシア・ラジンスカヤちゃん。6歳のロシア系アメリカ人だ。アナスタシアちゃんの「Like Nastya(ライク・ナスチャ)」の登録者数は5830万人で、1日の平均再生回数は7494万回。推定月収は773万ドル(約8億1670万円)と、PewDiePieを大きく上回る。アナスタシアちゃんは生まれつき脳性麻痺と診断され、医師から一生喋れない可能性があると宣告された。2歳になる頃には治療により完治したが、動画投稿のきっかけは、アナスタシアちゃんの治療と成長記録のためだ。

【関連記事】

最終更新:
FINDERS